オフの装いに色気と品格 上質スエードジャケット3選ジャケットスタイル大研究(10)

MEN’S EX

2022/5/31
MEN'S EX

毎日スーツ通勤の人がいる一方で、2022年も在宅勤務多めでスーツよりジャケット着用率が上がっている人も多いという。そんなあなたにおすすめのジャケットとコーディネートのコツをお届けするこのシリーズ、10回目の今回は、リッチな印象のスエードジャケットを紹介する。




レザーの持つ色気をミドルエイジが品よく取り入れるなら、リッチな質感を備えるスエードジャケットが良いだろう。これ見よがしなレザーの光沢が抑えられ、オフの着こなしをラグジュアリーに彩りながらも品格を保って装える。

EMMETI(エンメティ)

ベージュ系の同色コーデで品格増し

ゴートスエードのしなやかなタッチが上品なテーラードジャケット。こちらは元来4つボタンの「リチャード」を3つボタンに変更したリング別注モデルだ。ベージュのカラーリングがエレガントで、インナーやパンツを同系色で合わせることで上品なオフの装いに仕上げられる。13万7500円(リング 東京店)

ニット2万8600円/マッキントッシュ ロンドン(SANYO SHOKAI) パンツ3万5200円/ジェルマーノ(バインド ピーアール) 靴12万1000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)