見た目も暖か カシミヤ使いが映えるコート・ブルゾン冬のアウターを考える(上)

2021/12/11
MEN'S EX

スーツを着たビジネススタイル~ニューノーマルなビジネススタイル、そして、休日の装いまで、シーンは違えど、ここに集まるのはどれも好印象を示し、自らもシアワセになれる傑作だ。




BRUNELLO CUCINELLI(ブルネロ クチネリ)

ショートブルゾンという実用的なアウターも、ブルネロ クチネリにかかれば、ここまで上品に。一目でわかる上質さは、究極に柔らかくふんわりとしたカシミヤだからこそ。そこに、ニットウエアのしなやかさとグースダウンの暖かさが加われば、まさに「シアワセを呼ぶ」の真骨頂だ! 

ベージュダウン59万4000円、グレーダウンベスト37万4000円、白ニット27万5000円/以上ブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)

今季ドレスに合わせるコートは…小柄モノトーンチェック

無地感覚で着回し万能、さらにクラシックなぬくもり感で冬の装いを彩ってくれるのが小柄モノトーンチェックコートの醍醐味。今季のビジネスアウターにおける大本命と断言できるアイテムだ。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

今に不可欠な快適さも備えた進化形クラシックコート

ゆったりとしたシルエットとラグランスリーブが特徴のステンカラーコート「バルフィールド」。冬らしいツイーディなウール素材は一見重厚そうだが、着てみると意外なほど軽やかだ。クラシックな温かみを宿しつつ、着心地はコンフォート&エフォートレス。これが“シアワセを呼ぶ”秘訣なのだ。13万9700円(ビームス 六本木ヒルズ)

シアワセな訳

ウォームなツイード調なのに驚くほど軽やか

スーツ15万9500円/ヴァルディターロ ペル シップス(シップス 銀座店) シャツ2万2000円、タイ1万6500円/以上ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)

カジュアルに合わせるコートは…クラシックなグレンチェック

スーツの定番柄でもあるグレンチェックだが、コートとなればむしろカジュアル使いに最適。ニットにデニムという気負わない装いを暖かく包み込みつつ、大人の品も発揮できるのがポイントだ。

STILE LATINO(スティレ ラティーノ)

仕立てと素材の柔らかさが見事に融合

ナポリサルトの技を活かし、極めて柔らかく仕立てたトレンチコート「ブランド」。カシミヤを用いたラグジュアリーな生地使いとあいまって、ガウンのように柔らかな着心地だ。42万3500円(ビームス 六本木ヒルズ)

シアワセな訳

ナポリ仕立て×極上カシミヤがかなえるクセになる柔らかさ

ニット4万4000円/ウィリアム ロッキー フォー ディストリクト(ディストリクト ユナイテッドアローズ) 靴7万1500円/パラブーツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) パンツ2万8600円/イカイ(シップス 銀座店) ソックス〈スタイリスト私物〉
次のページ
ジャケット代わりに使える! 再燃! ピーコートはキャ