2021/12/7

上質カシミヤに対して、思いっきり逆フリを

ニット7万5900円/レンコントラント(エイチジェイエム)、Tシャツ(2枚組)1万6500円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、パンツ3万1900円/ナイジェル・ケーボン(アウターリミッツ)、サングラス4万9500円/レスカ・ルネティエ(グローブスペックス エージェント)、時計93万5000円/ゼニス、靴8万3600円/ボードイン アンド ランジ(コロネット)
この着こなしの“優しさ”と“男らしさ”の割合は?
優しさ :40%
男らしさ:60%

ニットで優しさを求めるなら、やはりカシミヤが最適解。ただ柔らかいだけじゃなくフワリとした軽さは、極細繊維のカシミヤならではだから。ですが、それだけでは優しすぎて物足りない。そこで、大胆にミリタリーなカーゴパンツを。それも、武骨な雰囲気が強調されるワイドシルエットで。その対比っぷりが、マイルド&ワイルドの最大のキモなんです。

ポイント 1 

腕まくりひとつ取っても、印象はガラリ

極細繊維&空気をたっぷり含んだ軽やか&柔らかなカシミヤニット。そのフワリとした風合いは、優しさ演出にもってこいです。とはいえ、甘くなりすぎるのもカシミヤの特徴。Tシャツのチラ見せでラフさを演出したり、腕まくりしてレザーベルトのクロノグラフウォッチを合わせるなどして、小物でも無骨さを取り入れたいところです。

ポイント 2 

足元はカシミヤニット寄せで、あくまで大人顔に

米軍と英軍の名モデルをミックスしたカーゴパンツ。コットン100%のタフな生地ですが、カシミヤニットの優しさと相まって、大人な男らしさにまとめてくれます。とはいえ、大型のカーゴポケットの無骨さは絶大。だから、足元はブーツではなくベルジャンシューズなんて色気顔の一足が、バランス良しです。

お問い合わせ

アウターリミッツ/03-5413-6957 エイチジェイエム/03-6434-0885 グローブスペックス エージェント/03-5459-8326 コロネット/03-5216-6521 スリードッツ青山店/03-6805-1704 セコンド/03-3794-9822 ゼニ/03-3575-5861 トレメッツォ/03-5464-1158 パラブーツ青山店/03-5766-6688 ビームス 六本木ヒルズ/03-5775-1623

※表示価格は税込みです。

写真/HIRO KIMURA(W) スタイリング/四方章敬 ヘアメイク/向後信行 文/安岡将文

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2021年11月9日公開の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE