ナパだけじゃない 魅力的なカリフォルニアワイン5本エンジョイ・ワイン(48)

カリフォルニアワイン協会がこのほど東京都内で開いた試飲会(カリフォルニアワイン協会日本事務所提供)

米カリフォルニアのワインと聞くと、「ナパバレー」産を真っ先に思い浮かべる人も多いだろう。だが、近年は消費者の嗜好(しこう)の変化や気候変動の影響などを受け、周辺の他の銘醸地産にも注目が集まる。業界団体であるカリフォルニアワイン協会(本部・カリフォルニア州サンフランシスコ)がこのほど東京都内で開いた試飲会で、印象に残った「知られざるカリフォルニアワイン」を何本か紹介しよう。

ナパバレーが日本でいかにカリフォルニアワインの代名詞になっているかは、2009年公開の邦画『サイドウェイズ』を振り返れば明らかだ。ワインがテーマの同作品は04年に米国でヒットした『サイドウェイ』のリメイク版。だが、オリジナル版では南カリフォルニアのサンタバーバラが舞台だったのに対し、リメイク版の舞台は日本で知名度が高いナパバレーだった。

ナパバレーのワインの典型的なイメージといえば、赤は完熟したカベルネ・ソーヴィニヨンの濃厚な香りと新樽(たる)を使った熟成によって生まれるチョコレートやバニラの甘い香りが特徴の、アルコール度数の高いフルボディ。また、白は完熟したシャルドネが醸し出すパイナップルやマンゴーの香り、そして新樽由来のココナツやバニラの甘い香りに包まれたパワフルなワインを想像する人が多いはず。それらはそっくりそのまま、カリフォルニアワインのイメージと重なる。

カリフォルニアでは10年ほど前から新たな変化が起きている。一言で表現すれば「パワフルからエレガントへ」だ。例えば、食事と合わせやすいようにアルコール度数を抑えたり、ブドウ本来の風味を楽しむために新樽の使用を控えたり。また重厚な味わいのカベルネ・ソーヴィニヨンやシャルドネ一辺倒ではなく、産地の気候にあった品種を栽培するといった動きが顕著になっている。これらは消費者のし好の多様化を踏まえ、世界のワイン産地で同時多発的に起きている変化でもある。

11年には新たなスタイルのカリフォルニアワイン造りを目指す数十人の生産者が「In Pursuit of Balance」(イン パスート オブ バランス =バランスを求めて、という意味)を結成し、話題となった。このグループは16年に解散したが、その流れを受け継ぐ生産者は増えている。

次のページ
目立つ新潮流反映のワイン