LEON

2022/5/28

【ピンポイント アドバイス】 

優しさを邪魔しないよう、小物は爽やかに徹するベシ

春夏シーズンにおいては、小物の効果は見逃せません。時計とシューズを白で統一することで、春らしい爽やかさを演出したいところ。ともに淡いピンクやベージュとなじみやすく、それでいて日本人の肌に対してはアクセントカラーになってくれる便利な色なんです。

大人の色気演出にはブラック×ゴールドが有効ですが、カワイさ演出においてはホワイトが有効。とはいえ、チープに見えるのは避けたいところで、あくまで一流ブランドであること、そしてアリゲーターストラップによってラグジュアリー感を匂わせるのを忘れずに。

プレッピー人気の今、デッキシューズはまさしく狙い目。そもそも大人の足元にシンプル&ベーシックなスニーカーはうってつけですが、デッキシューズならではの爽やかさは春夏において特に頼りになります。足元でのヌケ感演出の鉄板テクである素足履きも、自然にキマります。

シーン2 ホームパーティーにて 

急な買い出しもOKな、リラックス+リュクス

男性●カーディガン4万5100円、ニット3万6300円/ともにレンコントラント(ビームス 六本木ヒルズ)、パンツ2万3100円/リサウンド クロージング、黒時計47万8500円/ベル&ロス(ベル&ロス 銀座ブティック)、ネックレス16万8300円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店) 女性●シャツワンピース3万9100円/ティッカ、Tシャツ9900円/シップス(ともにシップスインフォメーションセンター)、ピアス1万6500円/メドゥスィン・ドゥース(ゴールディ アッシュ・ペー・フランス)

友人を招いてのホームパーティー。ニットによるリラックス感の演出は、ホストとしての責務でもあります。とはいえ、いかにも部屋着はさすがにNG。そこで使えるのが、クルーネックにカーディガンを合わせたニットのアンサンブルです。柔らかなニットのドレープがリラックス感をアピールしつつ、そろいにすることでオシャレ感も両立。コレなら突然の買い出しも、そのまま出かけられますしね。

と、ココで注目したいのは、実はパンツ。合わせたのは、ストライプが入った思いっきりスポーティーなジャージーパンツ。バランスの取れたトップスに対して、ボトムスではあえて隙を作るってワケ。これにより、ゲストに対するオシャレハードルを下げてくれるのです。そう、エモい大人は、自ら隙を作るのも大事ってことです。

リラックス感と上質感を両立させるニットといえば、ハイゲージが適任。ドレープが柔らかく、それにより腕まくりも絵になります。色もトーンを抑えてシックに。

コットンにナイロンとポリウレタンを混紡したジャージーは、ストレッチ性抜群。スポーティーさを示すストライプは、単調になりがちなアンサンブルニットに対するアクセント効果も。

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE