dressing

2021/10/4
前菜のもうひと品は牛肉のガーリックソースがけ

もう一つの前菜としてこの日提供されたのが、牛肉のガーリックソースがけ。薄切りの牛肉にニンニクをきかせゴマを加えた、四川料理の代表的な味付けでもある紅油(ほんゆ)ソースをかけ、ワサビ菜を添えている。上質な脂がのった薄切りの牛肉は軟らかくしっとりとしていて、紅油ソースは甘辛くたれ焼き肉のような印象もあり、サンショウもきいていて美味。

ランチコースの楽しみでもある点心は、地下1階に設けられた工場で点心師が手作り。この日の点心4種盛り合わせは、野菜の蒸し点心、豚とエビのシューマイ、エビ蒸しギョーザ、フカヒレ入りギョーザ。

取材日の点心4種盛り合わせ

ホウレンソウを生地に練り込んだ野菜の蒸し点心は、中にニンジンやインゲン、パクチーなど具だくさんで点心の八宝菜といった趣だ。

豚とエビのシューマイは、豚肉を5ミリ~1センチ程度と粗めにミンチにすることで、豚肉のうま味が豊かに感じられ、みっちり身が詰まっている印象。エビのプリプリとした食感やトビッコのプチプチとした食感とのコンビネーションも楽しい。

同様にフカヒレ入りギョーザのフカヒレも粗めに刻んでおり、フカヒレ本来のうま味が生きていて、シャクシャクとした食感が鮮やかだ。

ピンク色が美しいエビ蒸しギョーザも、大ぶりのエビがたっぷりと詰まっていて食べごたえがある。どれも「食材本来の味わいを生かす日本の感性」という同店のモットーを感じられる点心たちだ。