スプリングコートやブルゾン 「今買い」アウター10選

MEN’S EX

2022/3/25
MEN'S EX

日差しが暖かくなったとはいえ、シャツやニットだけでは不安。そんな実用面でもお洒落(しゃれ)の面でも、軽いアウターは欠かせない。ここでは今春、売り切れ必至の注目アウターをM.E.編集部が厳選して紹介する。




POLO RALPH LAUREN(ポロ ラルフ ローレン)

愛らしいプレッピー風と見せかけて、実は機能性高し

ミリタリーが出自のモッズコートに、マドラスチェックのコットン素材を組み合わせた、プレッピーテイストが魅力。コットン素材とはいえ、フィルムとシームテープを貼った防水仕様で、機能性はアップデートしてある。一方で、アンティーク仕上げのタロン製ジッパーを使い、ヴィンテージ感も漂う。17万4900円(ラルフ ローレン)

LORO PIANA(ロロ・ピアーナ)

ぜいたくの極みを形にした華麗なフーデッドブルゾン

ドローコード付きフード、大きなフロントポケットといったディテールが、カジュアル感を漂わせつつ、素材は極上というからたまらない。これ以上ないほどのしなやかさを誇る極薄のカーフスキンのヌバックレザーで仕立てられている。上と横から手が入る二重構造のフロントポケットに加え、内ポケットもあり。84万400円(ロロ・ピアーナ ジャパン)

TOD'S(トッズ)

とにかく軽く、エレガント。それでいて実用性は万全

ポリエステルのテクニカルファブリックのバイカラーが特徴的なウインドブレーカー。前後のヨーク部分にはスプリットカーフレザーを使用し、ポケットには「T ライオン」ロゴがホットプリントで施されている。フロントはダブルジップ、身頃のヘムと袖口はゴム入り、そしてフードはドローコード入りと語りどころは尽きない。22万3300円(トッズ・ジャパン)

LARDINI(ラルディーニ)

気分や天候で使い分けられるリバーシブルタイプ

リバーシブル仕様のスプリングコートは、表面と裏面でガラリと表情が変わるスグレモノ。片面はリネン混ウール(右)、もう一方は撥水(はっすい)加工が施されたポリエステル×ナイロン(左)と、不意な天候の変化や、その日の着こなしの雰囲気にも対応する素材使いがありがたい。非常に軽い着心地も、ぜひオススメしたいポイントだ。15万9500円(トヨダトレーディング プレスルーム)