武骨なレザートレッキングブーツ エレガント匂う4足

2021/11/1
LEON

もはやビジネスにまで浸透したスニーカー。そんな中、昨年辺りから頭角を現していたのが、レザーブーツ人気です。その潮流は今年遂に本格化。なかでも、トレッキングブーツに熱視線が集まっています。




デニムからニットパンツまで、意外に守備範囲広し!

すっかりスニーカーで軟弱になった足ですが、とはいえそろそろブーツを履きたいと思っていた洒落(しゃれ)人は少なくないハズです。折しも、昨今はラギッドなアメカジ人気の真っただ中。武骨なレザー製トレッキングブーツに目をつける人が増えています。

そもそも、アウトドアファッションが市民権を得たことで、トレッキングブーツは既に大人ブーツの筆頭人気ではありました。ここ数年は、スニーカー人気に押されてちょっと影が薄くなっていましたが、昨年辺りから徐々に盛り返していたんです。

トレッキングブーツの特徴は、金属製のシューレースホールやゴツいラグソールなど、とにかく武骨なこと。あくまで街履きを想定したラグジュアリーブランドの一足でも、履き心地こそ軽くとも見た目にはラギッド感を重視しています。ただし、だからといって全身武骨合わせはトゥーマッチ。ニットパンツやスラックスと合わせたり、上質さやエレガントさをもって履くのが鉄則です。

ブルネロ クチネリ 

上質さはもとより、武骨要素にも注目で

20万9000円/ブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)

トレッキング×ラグジュアリーの理想的融合がコチラ。アッパーにはヌバックを採用。ライトベージュが実に品良い印象を楽しませます。さらに、履き口にはヴァージンウールのフェルトを。その質感は実にシック&ラグジュアリーですが、ストームウェルトにあくまで本格登山靴の雰囲気をにじませます。

フラテッリ ジャコメッティ 

見た目はリッチに、でも作りはガッチリ

12万9800円/フラテッリ ジャコメッティ/マルモラーダ(ウィリー)

トレッキングブーツにエレガントというジャンルを開拓した先駆者といえるマルモラーダ。コチラは2021AWの新型。ノルヴェジェーゼ製法の採用が武骨さを示しつつ、イタリアらしい流麗なシルエットは都会の街並みにも似合う色気あり。より厚くなったソールが現代的なスタイルです。

次のページ
トレッキングブーツにスニーカー要素を加えた一足も
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram