写真で紹介 カワサキNinja ZX-25R 250ccで4気筒の魅力

2021/10/21
試乗した「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」。車両価格は93万5000円(税込み、以下同)。標準グレード「Ninja ZX-25R」は84万7000円

【記事本編はこちら】カワサキNinja ZX-25R 250cc4気筒エンジンの魅力

デジタル式の速度計にアナログ式の回転計をレイアウトしたメーターパネル。レッドゾーンは何と1万7000rpmから。液晶パネルには距離計や燃料計、航続可能距離、瞬間/平均燃費、吸気温度、水温、時計などが表示可能
スーパーバイク世界選手権を走るレーシングマシン、Ninja ZX-10RRの設計思想を受け継いだシャシー。高張力鋼を用いた軽量トレリスフレームに同じく高張力鋼製のスイングアームを組み合わせる
パワーモードの切り替えやKTRC(カワサキトラクションコントロール)の効きは左手のスイッチで操作する。後者はドライ路面の一般公道を普通に走る分にはあまり恩恵は感じなかった。雨天時やサーキットライドなどでの本格的なスポーツ走行で真価を発揮すると思われる
ショートタイプのマフラーが奏でる高回転域の甲高い排気音はNinja ZX-25Rのアイデンティティーのひとつ
ショーワ製の高性能倒立フロントフォークを採用。フロントブレーキはシングルディスクだが、強力な制動力と高いコントロール性を実現している
フロントカウル中央にはラムエアシステムを採用。走行風を利用して吸気効率をアップさせ、エンジンの出力を高める機構だ

【記事本編はこちら】カワサキNinja ZX-25R 250cc4気筒エンジンの魅力

MONO TRENDY連載記事一覧