LEON

2022/5/7

デニムと好相性な色ジャケット その2 「タリアトーレ」

存在感大な柄。でもナチュラル見えします

ジャケット10万3400円/タリアトーレ(トレメッツォ)

イタリアの伊達(だて)男御用達、タリアトーレより、ワイドピッチのストライプ生地を用いたジャケット。スラブ感のある素材は、リネンをベースにリヨセルやポリウレタンを混紡したもの。

味のある風合いとともに、実に柔らかく、ストレッチがびんびんに効いている点も推しどころです。仕立ては袖裏まで省いたアンコン。心地よい素材のタッチをご堪能あれ。

Style#03

華やかなホワイトデニムには、くすみ系の色ジャケを

デニム2万9700円/ヌーディージーンズ(ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店)、ジャケット16万5000円/エルネスト(バインド ピーアール)、ニット2万5300円/グランサッソ、靴4万7300円/フェランテ(ともにエスディーアイ)

デニムの中では例外的に華やかな印象のあるホワイトデニムですが、ジャケットの色選びを間違うとキザでトゥーマッチな印象になりかねず。

そうならないためには原色を避け、ややくすんだトーンのそれを合わせることを心掛けましょう。ここでは、マスタード色のサマーツイードジャケットをチョイスしつつ、色相性のいいブラウンのニットをインしました。

スポーティーなTシャツより品のいい印象に仕上がるのも、ニットを差すポイントです。

POINT

アイボリー掛かった白を選ぶのも、こなれた印象につながる

上述の通り、ホワイトデニムは一歩間違えるとキザに見えてしまう難易度の高いもの。ですが、ちょっぴりアイボリー掛かった白を選べば、心配には及びません。ブラウンの革靴との馴染(なじ)みがよくなるのも、プラスαのメリット。

ここではバックル煌めくスエードモンクを選んで、さらなる華やぎを添えました。デニムのレングスは、例に漏れずジャスト丈がスマートにこなす基本。長い場合は写真のようにロールアップしてはきましょう。

デニムと好相性な色ジャケット その3 「エルネスト」

個性派にして色馴染みのよい、メランジマスタード

ジャケット16万5000円/エルネスト(バインド ピーアール)

ウール、コットン、シルク、リネンからなる4者混生地で仕立てたサマーツイードジャケット。ツイード織り特有のメランジ感が色の印象を和らげるため、華やかなマスタード色ながら馴染(なじ)みのよさは抜群です。

威風堂々のラペル周りに貫禄が感じられますが、その実、仕立てはアンコン。柔らかな4者混生地とのタッグによるコンフォータブルな着用感も、ならではの魅力です。

お問い合わせ

エスディーアイ 03-6721-1070 コロネット 03-5216-6521 三喜商事 03-3470-8232 トレメッツォ 03-5464-1158 ヌーディージーンズ ラフォーレ原宿店 03-5772-0770 バインド ピーアール 03-6416-0441 ビズビム 03-5468-5424 ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623 モスコット トウキョウ 03-6434-1070 リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501

※表示価格は税込みです。

写真/鈴木泰之(Studio log) スタイリング/四方章敬 ヘア/Takuya Baba(SEPT) 文/秦 大輔 構成/長谷川茂雄

LEON

[ウェブサイト『LEON.JP』2022年4月5日公開の記事を再構成]


SUITS OF THE YEAR 2021

アフターコロナを見据え、チャレンジ精神に富んだ7人を表彰。情熱と創意工夫、明るく前向きに物事に取り組む姿勢が、スーツスタイルを一層引き立てる。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE