LEON

2022/5/7

デニムと好相性な色ジャケット その1 「カナーリ」

軽やかな仕立て&透け感も、華やぎを後押し

ジャケット19万8000円/カナーリ(コロネット)

粗く編まれたコットンニットに薄いガーゼを裏打ちした素材を使用。アンコン仕立てで軽やかに仕立てたジャケットです。

ブルーのニットの表面には同系色のストライププリントが施されており、これが独特の編み柄と相まって、チェック柄のように見えるのが面白いところ。フランクなテイストゆえ、色落ちデニムとも最高の相性を見せてくれます。

Style#02

ブラックデニムなら派手柄の色ジャケも大人にこなせる

デニム4万5100円/ビズビム、ジャケット10万3400円/タリアトーレ(トレメッツォ)、Tシャツ7700円/リーバイス® メイド アンド クラフテッド®(リーバイ・ストラウス ジャパン)、メガネ3万6300円/モスコット(モスコット トウキョウ)、ビットローファー3万7400円/イルモカシーノ(ビームス 六本木ヒルズ)

ブラックデニムとなると脊髄反射で黒基調のコーデにまとめがちですが、合わせを選ばぬ懐の深さもブラックデニムの魅力。

イマドキにこなすなら、ちょっぴり派手かな? と思うくらいの色柄の効いたジャケットを選ぶのがオツです。ここでは、極太ピッチのブラウン系ストライプジャケットをオン。インナーTにも同系色のそれを合わせました。

デニムの黒が印象を締めてくれますから、悪目立ちする心配はなし。華やか、かつスマートな、理想の大人コーデが装えます。

POINT

下半身は黒×黒で印象を締めつつ、ビットで華やぎを

ブルーデニムの時と同様、上品にこなすにはジャストレングスが基本。シルエットもワイドすぎるものは避けましょう。

ちなみに、合わせたジャケットは、スラブ感のある味な風合い。色柄ばかりでなく素材感のマッチングを意識するのも、成功の秘訣です。

靴はデニム同様、ブラックのそれを選ぶとスマート。かつ色合わせも意識せずに済むので好都合です。ビット付きなら、さらなる華やかさをプラスできるので、ぜひご活用あれ。

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE