胃腸が疲れ気味の毎日 ファスティングに挑戦すると

外出自粛中でも、おいしい物を食べたいという思いには逆らえず、お取り寄せの数が随分と嵩(かさ)んでしまった。冷蔵庫の中には、うちで店をやれそうなくらいさまざまな箱が積み重なっている。日本て、食材から調理方法まで、ほんと豊かですなあ。

感心している場合ではなかった。外食は時間の制限があっても家の冷蔵庫は二十四時間営業だ。おかげで私は、しっかり太った。だけでなく、胃腸の調子もよろしくない。

胃腸のみならず、内臓の健康と規則正しい食事のリズムには密接な関係があるけれど、意志のやわい私は、コロナ禍で生活のリズムがゆらゆらしている。もともと芸能界の仕事は不規則だから、もう四十年来自律神経は昼夜逆転中。これ以上はくるいようが無いとたかを括(くく)っていたのだが。

ダイエットと、内臓の疲労回復をただちに始めないといけないわ。

それで、以前から関心があったファスティングをやってみようと思いついた。

固形物を食べないことで胃腸を中心とした内臓を休ませることを目的としているのがファスティングである。ストイックな断食と比べるとやり易いと言う。食事をまったく取らないわけではなく、空腹を和らげる為に、野菜やフルーツで作ったコールドプレスジュースなどは一日に適当回数飲んでも良い。

ただその為に、専用のジューサーを購入する必要があった。通販サイトでの値段は、この種の家電としてはちょっと高め。人気製品になると、ジュース作るだけなのにぃ?くらいのお値段になるが、材料を圧搾する時に熱を発しない機能の高さ、洗いやすさが抜群に良かった。

コールドプレスジュースは作り置きはしないで、その都度作っては飲むので、洗うたびに細かい部品を分解して専用ブラシでコシコシするのでは面倒くさい。多少の出費は我慢してでも機能性の高い物を買って長く使い、意志のやわい私でも良い健康習慣が身についてくれることを願って…。

夫に買って頂いた。あなたの健康の為にもね(笑顔)ってことで。買い物に行ってジュースを作るのは私なのだから、これくらいの役割分担は、お篭(こも)り生活中の夫婦円満に必要な栄養素ですわよ。あざーす。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント