”Golden Slumbers”から”Got Back”へ 医療DXへの思いHDCアトラスクリニック院長 鈴木吉彦

写真はイメージ=PIXTA
DX(デジタルトランスフォーメーション)の時代、医療はどう変わっていくのか。生活習慣病の代表格ともされる糖尿病の専門医で、1990年代後半~2000年にかけて医療情報ポータルサイト(MediPro/MyMedipro)を立ち上げるなど、デジタル領域についても豊富な知見を持つ鈴木吉彦医師(HDCアトラスクリニック院長)に医療とデジタルの新時代について語ってもらいます。 

ポール・マッカートニーの来日ライブへは、何度も足を運びました。ここ最近、ライブ最後の曲は「Golden Slumbers- Carry That Weight- The End」のメドレーでした。連載の結びとなる今回は、このメドレーになぞらえて、医療DXに関わり続けてきた私の思いを改めてお伝えしたいと思います。

Golden Slumbers~黄金のまどろみ

1996〜2001年頃、「日本最大級の医療情報発信プラットフォーム」のリーダーをしていました。名称は「Medipro」や「MyMedipro」。当時の睡眠時間は約4時間。何年も汗水流し、他人の何十倍も働きました。力を出し切った結果、その分、有名になり執筆や講演の依頼が後を絶ちませんでした。当時の様子は、https://medicalprofession.jpに公開しています。

私を支援する大手製薬企業はたくさんいて、教育目的で医学動画コンテンツを配信し人気を得たのもこの時期からでした。

記者会見では大手メディアのマイクが何本も向けられ、知名度が高くなりすぎたためなのか「参院選に出馬してみないか」と声がかかったことまであり、夢のような時代でした。

その後、学者に戻り、日本医科大学客員教授になりました。IT(情報技術)の潮流は観察していましたが、新規事業を興そうという本気度はありませんでした。すなわち、この22年間は大切なまどろみ(slumber)の時期だったように思えます。私のGolden Slumbers期と呼びたいところです。ただ、この6カ月間、NIKKEI STYLEの読者の皆さんに向けてコラムを連載していく中で、長い眠りから目覚めたような気持ちになりました。

Carry That Weight~重荷を背負って

今回、連載で紹介させていただいたMyMediproは斬新なシステムです。22年ぶりの私の新作です。「Whereby(ウエアバイ)」や「Google Meet(グーグル・ミート)」などの大手と類似の仕様(WebRTCと呼びます)で構築されているので「グローバルに通用する」作品と言っていいでしょう。

基本はWebアプリでWebブラウザーとメールだけで構築できる仕組みです。しかし、それだけに「重荷(Weight)」があります。キャリアメール問題です。キャリアメールには大量のスパムメールが送られることが多く、このメルアドを使う利用者が多いと進歩しないのが欠点で、Google Meetが「Zoom(ズーム)」に後れをとった最大の理由もここにありました。

しかし最近、上記2社がサービスを刷新し、米グーグルが先行して技術レベルを上げ、私たちはその後に追いつけそうです(図1)。フリーメールが普及したことで、この「重荷」が軽くなってきたことが理由でしょう。

図1(画像はイメージ)
次のページ
The End~結局のところ