ビジュアル解説 Windows 11で使いたい5つの新機能

2021/11/24
図1 Windows 11の新機能は「チャット」や「ウィジェット」だけでなく、Cドライブのゴミを削除する「クリーンアップ対象候補」など便利なものが多い。ここでは、11で新搭載&強化された機能の中からえりすぐって解説する

【記事はこちら】Windows 11で必ず使いたい 5つの注目新機能

図2 チャット機能でビデオ通話会議をするときは、タスクバーのボタンをクリックし(1)、上にポップアップした画面で「会議」をクリックする(2)。上は初めて開いたときの画面で、2回目以降は「連絡先を同期」がなくなり、通話やチャットの履歴が表示される
図3 「Teams(チームズ)」のビデオ通話の画面が開く。ビデオの設定画面が現れたらマイクとカメラをオンにして(1)、「今すぐ参加」をクリック(2)。続く画面でビデオ通話に招待する方法を選ぶ。メールで案内を送る場合は「既定のメールによる共有」を押す(3)
図4 招待メールの作成画面が開いたら、必要に応じて本文を書き換え、宛先のメールアドレスを入力して送信する
図5 招待された相手がメール内のリンクをクリックすると、参加の許可を求める画面がこちら側で開く。そこで「許可」を選ぶと、このようにビデオ通話が始まる。ビデオ通話を終了するときは「退出」を押す
図6 チャット(文字による会話)をするときは、図2で「チャット」を押してこの画面を開く。「新規作成」欄に相手のメルアドを入力し、「Enter」キーを押して何かメッセージを入力すると、最初は相手に招待メールが送られる
図7 相手が応答してメッセージを書くと、チャット画面上に互いのメッセージが表示される。自分が書いた内容は右側、相手のものは左側だ。新しいメッセージは下に追加されていく
図8 Cドライブ内にある巨大なゴミファイルや使用頻度が低いアプリは、「クリーンアップ対象候補」で簡単に削除できる。「設定」画面で「システム」→「記憶域」と開き、「クリーンアップ対象候補」を選ぶ
図9 巨大なファイルを削除するには「大きなファイルまたは未使用のファイル」をクリックして、現れたリストの各項目をチェックし、下にある削除ボタンを押せばよい。アプリをアンインストールするには「使用されていないアプリ」を選び、同じようにリストをチェックする。対象はUWPアプリ(ユニバーサルウィンドウズプラットフォームアプリ=ストアアプリ)に限られる
図10 音声入力がより使いやすくなった。ワードなどでテキストを入力する位置を選択(1)。「Windows」+「H」キーを押すとデスクトップ画面に音声入力パネルが表示され(2)(3)、聞き取り待機状態になる
図11 パソコンのマイクに向かってしゃべった内容が認識され、漢字に変換されてテキストとして入力される。認識や変換の精度は高く、初めてでもこの例のようにほぼ正確に入力できた
図12 ショートカットキーを押すのが面倒なら、「設定」を押して「音声入力起動ツール」をオンにしておこう(1)(2)。アプリで文字を入力する場面になると(3)、音声入力パネルの小型版が自動で開く。マイクのボタンをクリックすると聞き取り待機状態になる(4)
図13 図11と同様にマイクに向かってしゃべると、その内容が認識されてテキスト化される
図14 「クリップボード履歴」が11では強化され、新たに絵文字や記号などを入力できるようになった。入力位置を選んで「Windows」+「V」キーを押して起動すると(1)(2)、過去のクリップボードが表示される。記号を入力するときは上部のボタンをクリックして画面を切り替え(3)、目当ての記号を選べばよい(4)。また、3の横に並ぶボタンから、顔文字や絵文字の画面にも切り替えらえる
図15 ワードやHTMLメールに絵文字を入力するとカラーで表示されるが、「メモ帳」に入力するとカラーではなくモノクロになる
図16 タスクバーの「ウィジェット」ボタンを押すと、新機能のウィジェットがデスクトップ画面の左半分に表示される。マイクロソフトのポータルサイト「Microsoft Start(マイクロソフトスタート)」と同様の内容で、天気予報や株価、最新のニュースなどがカード形式で配置される。「天気」をクリックすると、ウェブブラウザーが起動してMicrosoft Startの天気サイトが開く。各カードの右上にある「…」をクリックするとメニューが開き、サイズ変更やカードの削除などができる
図17 「天気」のウィジェットを小・中・大のサイズにして比較した。小は当日の天気と気温、降水確率のみ。中では小の情報に加え、当日と4日後までの予報が表示される。大では小と中の情報に加え、直近9時間の気温と降水確率の予報が表示される
図18 図16左で「ウィジェットを追加」をクリックすると管理画面が表示される。ここで「To Do」をクリックすると、元の画面に「To Do」用のカードが追加される(1)(2)。アウトルックのカレンダーや交通情報などのカードも追加可能だ

[日経PC21 2021年12月号掲載記事を再構成]

【記事はこちら】Windows 11で必ず使いたい 5つの注目新機能

MONO TRENDY連載記事一覧