近視は大人になってからも進む 7人に1人は新たに発症

日経Gooday(グッデイ)

「近視は小学生のころに発生し、進行するもので、15~16歳を過ぎれば進みにくくなる」――。近視について、従来はそのような考え方が一般的でした。しかし、このほど報告された、オーストラリアの若い成人(18~22歳)を8年間追跡した研究[注1]で、成人後にも14%が新たに近視を発症し、もともと近視があった人も37.8%において近視が進行していたことが明らかになりました。

若い成人を長期間追跡し、近視の発症と進行の有無を調べた

これまでにも、20歳前後になってから近視を発症する患者がいること、進行も見られることを報告した研究はありましたが、社会人も含めた一般の若い成人を長期間追跡し、近視の発症と進行について検討する研究はほとんど行われていませんでした。

そこでオーストラリアWestern Australia大学などの研究者たちは、18歳から22歳の若者を追跡して、近視の発症と進行について調べ、それらと、近視の危険因子の関係を検討することにしました。

オーストラリアの一施設で、2010年1月から2012年8月の期間に、18歳から22歳の若者1328人を対象に初回の検査を行いました。その8年後となる2018年3月から2020年3月に、813人に対して再度同じ検査を行いました。

受診時には、眼科で一般に行われる検査に加えて、結膜紫外線自己蛍光(CUVAF)面積も測定しました。CUVAF面積は、屋外で過ごした時間を客観的に評価できる指標で、その値が大きいほど、すなわち、屋外で過ごした時間が多いほど、近視の有病率が低くなるとして近年海外で注目されています。また、初回受診の際に、質問票を用いて、学歴、両親の近視の有無、人種、眼疾患経験などの情報も収集しました。初回受診時と再受診時の両方で、必要な情報が記録されていたのは701人でした。

追跡期間中の、近視と強度近視の発症の有無と、近視や遠視の程度を示す「等価球面度数」(SE;屈折の度数と乱視の度数を総合したもの)、および、眼軸長[注2]の変化を調べました。SEが-0.50ディオプタ(D)[注3]以下なら「近視」、-6.00D以下なら「強度近視」とし、SEが-0.50D以上変化した場合に「屈折異常の進行あり」としました。

成人後も近視は進み、新規発症も少なくないことが明らかに。(写真はイメージ=PIXTA)

[注1]Lee SS, et al. JAMA Ophthalmol. 2022 Feb 1;140(2):162-169.(https://jamanetwork.com/journals/jamaophthalmology/fullarticle/2787671)

[注2]眼軸長とは目の表面にある角膜の頂点から、目の奥の網膜までの長さのこと。眼軸長が長いために目に入ってきた光が網膜の手前で像を結んでしまい、近視となっている場合を軸性近視という。

[注3]ディオプタは、近視、遠視、乱視といった屈折異常を完全に修正できるレンズの強度のこと。一般的な視力検査で用いられる0.7、0.3といった数値は、裸眼視力または矯正視力を示す。

次のページ
8年間の近視発症率は14%、近視の進行も38%に認めら