男性もスムージーにはまる 新生「東急フードショー」

「渋谷ローカライズ」をテーマにあらゆる美食がそろう東急フードショーの総菜

東京で新宿駅・池袋駅と並ぶ3大ターミナル駅といわれる渋谷駅周辺では、再開発プロジェクトが進んでいる。日々激変する姿に驚かされるが、2021年7月には、「渋谷 東急フードショー」がリニューアルオープンした。渋谷駅前の複合商業施設「渋谷マークシティ」の一階と地下一階、渋谷駅直結の「しぶちか」にまたがる新施設である。今回はその「渋谷 東急フードショー」のうち、「しぶちか」にある、総菜店がそろった「デリゾーン」の見どころを紹介する。

開業21年でリニューアル、渋谷により密着「東急フードショー」

今でこそ「デパ地下」は日本のグルメスポットの一つとして確立しているが、普及のきっかけは00年、21年前の東急フードショーの開業だという説がフードビジネス界にある。

現在40代後半の筆者は、00年の開業当時のことをよく覚えている。デパ地下自体はそれ以前にもあったが、目立たない地下フロアで、贈答品用のお菓子や高級つくだ煮、ウナギなどを静かに売っている場所、というイメージだった。

20年ぶりにリニューアルした東急フードショー(デリゾーン入口)

しかしフードショーに初めて足を踏み入れた当時、フロア全体の明るさや、総菜がガラスケースに並んでキラキラ輝く姿、そしてそれを販売するスタッフと客の間の熱気に衝撃を受けた。子どもの頃に見た、昭和の商店街の活気が、そのまま再現されたようだったのである。

今回のリニューアルで、フードショーは「スイーツゾーン」「生鮮・グロサリーゾーン」「デリゾーン」と3つのエリアが新設されたが、本稿では働く人がランチや夕飯をすぐに買い求められる「デリゾーン」の注目店を5店取り上げる。

濃厚な鶏白湯スープのラーメンとフカヒレ料理が売り「蔭山樓」

1店目はみんな大好き、ラーメンから。デリゾーンはJR、東京メトロ、京王井の頭線の乗り口をつなぐように広がっている。その中でも、井の頭線側に一番近いところにあるのが「蔭山樓(かげやまろう)」だ。自由が丘に本店を構える中華の人気店で、名物の『鶏白湯(とりぱいたん)塩そば(968円)』がイートインで食べられる。

手羽先を8時間煮込んだとろとろの濃いスープに、もちっとした中太麺がからんで非常にうまい。テークアウトもあり、同店のもう一つの看板料理、フカヒレメニュー各種が購入できる(汁そばはイートインのみ)。

「蔭山樓で初めての、持ち帰りもできる店としてオープしました。うちをご存じの方は『蔭山樓がフードショーにもできたのね!』と喜んでくださいます。『フカヒレ弁当(1480円)』や『フカヒレ姿煮(2880円)』は、濃厚な鶏白湯スープに食感の強いフカヒレを浮かべたぜいたくな商品ですが、午前中で売り切れてしまう日もよくあります」(店長の長田樹佳さん)

次のページ
圧巻!50種以上のフライや串カツがぎっしり
メールマガジン登録
大人のレストランガイド