使える!大人のグレーデニム コーデに華やぎプラス

LEON

2022/5/26
LEON

今シーズン、ブルー、ブラック、ホワイトという‟3大デニム“に割って入る勢いを見せる「グレーデニム」。洒落(しゃれ)者が熱視線を注ぐこのパンツは、大人の華やぎデニムの真打ちというべきアイテムです。そのこなし方と選びのポイントをお教えしましょう。




大人のこなしに数々の恩恵をもたらすグレーデニム

ワードローブのレギュラーデニムといえば、インディゴブルーを筆頭に、ブラックやホワイトが続きます。それぞれ特有の魅力があり、かつ汎用性も申し分ないデニムばかり。

ですが、我々大人が志向する“華やぎデニム”という視点では、さらに使えるデニムがあるのです。それが今回のテーマである「グレーデニム」。

要するに一般的なブラックデニムに比べて全体的に黒みが薄く、グレーに見えるものなのですが、これが実に使えるのですよ。

その魅力は、まずグレー特有のモダンでスタイリッシュな雰囲気にあります。真っ黒なブラックデニムのようにロックなイメージが強くなり過ぎませんし、色落ちデニムならではのこなれ感も演出できる。さらにグレーは幅広い色と相性のよい万能カラーでもある……、などなど、メリットが多いのです。デニムでありながら対応力の高いため、華やいだスタイルの切り札としても十分活用できるのです。

では、その活用例と最新モデルをご紹介しましょう。

華やかで、しかもこなれて見えるのです

デニム14万3000円、ジャケット31万9000円、Tシャツ7万4800円、チーフ3万3000円、靴15万9500円/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン)

トップスはオフ白のジャケットとトレンドカラーでもある淡いグリーンのカットソー。さて、問題のパンツですが、いつものブルーデニムだといささか無難になり過ぎますし、ホワイトデニムだと全体がぼんやりした印象に。

とはいえ、真っ黒なブラックデニムだとこなしが重くなってしまいます。……そんな時、新鮮でスタイリッシュ、かつコーデにメリハリを利かせるグレーデニムがすこぶるちょうどイイというわけ。

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
POINT テーパードのかかったスリムストレートが本命