ゴルフウエア、無地で上品に ワントーンのコーデ5選「社交ゴルフ」のコーデ術(下)

2022/4/23
MEN'S EX

ゴルフをたしなむ大人メンズたちが覚えておくべき、上品に見せる着こなしテクやコースで見栄えを発揮するギア、最新の施設など「紳士のカッコよさ」を演出できる具体策を紹介する連載。今回は、全身ワントーンでまとめる5色のコーディネートと練習にも身が入りそうな高機能ウエアだ。




誰でも簡単に上品お洒落が決まる 「全身ワントーン」スタイル

コースでカッコよく見えるのは、実は簡単、ストイックな無地スタイルなのだ。上下同色でまとめるだけで、淡色系も濃色も清潔感がぐっとUP。お好みの色で、ぜひお試しあれ!

WHITE クリーンに見せながら機能も満載

BRIEFING GOLF(ブリーフィングゴルフ)

白は芝の緑にも映え、細身体形の方ならなおシャープでカッコよし。ベストはソフトな手触りながら4WAY伸縮するソロテックスを採用。パンツは通常の1.5倍の経糸密度のしっかりした生地感ながら、こちらも4WAYストレッチと、ブリーフィングらしく生地へのこだわりは満載だ。どちらも軽撥水(はっすい)で、小雨程度ならいけてしまうのもありがたい。靴や靴下も、オールホワイトでクリーンにまとめよう。

ベスト3万1900円、シャツ2万900円、パンツ2万9700円、サンバイザー5390円、グローブ3850円/以上ブリーフィング ゴルフ(ブリーフィング 表参道ヒルズ店) 靴1万6500円/フットジョイ(アクシネット ジャパン インク) クラブ57万4200円〈セット価格〉/マジェスティ(マジェスティゴルフ)

GREY ほのかに上下濃度違いで脚長効果

TITLEIST(タイトリスト)

ダブルフェイスジップのニットは上と下を少しずつ開けておくと、スイング時も裾がもたつかず邪魔にならない。パンツは細身テーパードながら、ポリエステル100%でかなりストレッチ性が高いので、ボールを置いたり拾ったりの動作もラクラク。ライトグレーはスーツ同様、膨張色で太めに見えそうで……と思われる方は、パンツを少し濃いめのグレーにすれば、下半身が引き締まった印象になる。

ブルゾン1万8700円、ポロシャツ1万5400円、パンツ1万5400円、ベルト8250円、サンバイザー3080円、グローブ1870円、ドライバー8万2500円〜/以上タイトリスト 靴1万6500円/フットジョイ(以上アクシネット ジャパン インク)

BEIGE クラシック×爽やかさを絶妙MIX

ポロシャツ1万5400円、パンツ2万4200円、靴1万6500円、サンバイザー3960円/以上マンシングウェア ブルゾン1万7600円/ペンギン バイ マンシングウェア(以上デサントジャパン お客様相談室)

MUNSINGWEAR(マンシングウェア)

1960年代のデザインを完全復刻した、マンシングウェアを代表するクラシックなゴルフスイングトップは、まさに紳士のゴルフトップスの象徴。日本製にこだわった「One Thing」の長袖ポロは、光沢感あるマナード鹿の子素材が胸元にも品格を醸し出す。あえて無地でなく、ボタニカルプリントの同系色パンツを合わせるとフレッシュな印象に。ストレッチ抜群で抗菌防臭性を備えているのも◎。

次のページ
「練習場(プラクティス)ウエア」もストイックに手