みなとみらいの新港ふ頭、象徴的なクレーンが海に突き出し、客船ターミナルでもある複合施設、横浜ハンマーヘッドにある「インターコンチネンタル横浜Pier 8 」。エントランスから2階ロビーへと続く優雅ならせん階段は、客船に乗り込むような気分にしてくれる。

宿泊ゲスト専用のルーフトップやミニクルーズも

同じフロアには、みなとみらいからベイブリッジ方向まで横浜らしい眺めを楽しめるレストラン&バーがある。楕円形のミラー、革張りのトランクを模した棚などインテリアのそこここに船旅を思わせるモチーフがちりばめられ、リゾートらしい雰囲気を演出。見た目も楽しい五感を満たす料理を味わい、潮風を感じるテラスで過ごすのもおすすめだ。

遠くに船が行き交うベイビューの客室。船旅の気分が味わえる「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」

客室「Pier 8 デラックス」は、すべての窓が全開し心地よい。中でも海に面したベイビューの客室では横浜港やベイブリッジ、赤レンガ倉庫が、シティビューの客室ではみなとみらいの風景が広がる。客室内の丸いミラーやテーブルの隠し引き出し、トランク型のミニバーなど停泊中の豪華客船にいる気分に浸れる。ガラス張りのバスルームからも外が見渡せる。外からは見えないが、ホテル中央部にはモダンな中庭があり、その庭に面した落ち着いた雰囲気のガーデンサイドの客室もある。

ルーフトップは宿泊者専用のスペース。海の眺望を思う存分楽しめる

海と港の絶景が楽しめるゲスト専用のとっておきの場所がルーフトップだ。目の前を行き交う船は見ていて飽きない。夜にはドラマチックな夜景を眺めながらドリンクを一杯、朝にはバスケットに詰め合わせた屋外メニュー「ピアニック」をここでいただくのもすがすがしい。

宿泊ゲストはミニクルーズも体験できる。目の前の桟橋からホテル専用クルーズ船に乗って眺める大観覧車や日本丸、赤レンガ倉庫など、海上から眺める横浜の美しさもまた格別だ。ちょっとしたミニクルーズで旅を締めくくれるのも、ふ頭にあるホテルならではだろう。

次のページ
日本一の高さからの眺望を満喫