dressing

2022/6/6
ボリュームたっぷりの「しんこぺサラダ」

サラダのお薦めは、同店の名を冠した「しんこぺサラダ」。生のマッシュルーム、パルミジャーノ、あぶりローストポークがたっぷり入ったボリューミーなサラダだ。

マッシュルームは、すりおろしたタマネギやビネガー、自家製のアンチョビを使ったソースでマリネ。ローストポークは香ばしくあぶってから盛り付けているため、さっぱりしているのに濃厚なうま味も楽しめるひと品だ。

「希少部位ミスジのローストビーフ」。肉の甘み、うま味が味わえるように下味は塩コショウだけ

肉料理からは、「希少部位ミスジのローストビーフ」をご紹介。盛り合わせの「牛タンのローストビーフ」とは異なり、希少価値の高い部位であるミスジを使い、低温調理で仕上げた一皿だ。

下味は塩コショウだけにとどめることで、肉自体の味を最大限引き出しているので、「最初の一枚はぜひ、なにもつけずに召し上がっていただきたいです」と平原さん。肉本来の甘みやうま味をゆっくりとかみしめてほしい。

合わせているドリンクは、「梨とライムの果実酒 ソーダ割り」。「ロックもおいしいですが、ソーダで割ると果実の香りが炭酸と一緒に上がってくるので楽しいですよ」と語る平原さんは、季節ごとにさまざまな自家製果実酒を漬け込んでいる。また、アールグレイの茶葉を漬け込んで作った「アールグレイの漬け込みハイボール」、コーヒー豆を焼酎に漬けて作った「コーヒー酒」などもあるので、さまざまな素材の味や香りをドリンクでも楽しんでほしい。