外資系の年収が高い理由 採用の裁量権の違いも一因にジェイエイシーリクルートメント 黒沢敏浩プリンシパルアナリスト

外資系は職務の大きさに対して給与を支払う傾向がある(写真はイメージ=PIXTA)

前回の記事「外資系企業の中途採用年収 日系より100円高い理由」では、主に外資系企業で高給ポジションの求人が多く発生する仕組みについて説明しました。今回はその後編として、外資系の給与が高い理由や給与支給の仕組みなどについて、人材紹介会社のジェイエイシーリクルートメント(JAC)の黒沢敏浩プリンシパルアナリストに語ってもらいました。

読者の方々は「スマートフォンといえば、日本ではどのメーカーのシェアが高いか」と聞かれたら、どのメーカーを想起しますか?おそらく多くの方々は某外資系ブランドを想起するでしょう。

技術力が高い日本企業が数多く存在する中でも、外資系の製品が日本で高いシェアを獲得できたのは、世界的に高いブランド力と独自の製品開発戦略に加え、優秀な人材を採用し、緻密な販売戦略を立て、市場の開拓に成功したことは容易に想像できます。外資系企業は「それなりに高い給料を提示した上で、いろいろと工夫しなければ優秀な人材は採用できない」という原則・原理を理解し、それを実践しているのです。

日本進出の外資系は生産性が高い

さて、外資系の年収が高い4つの理由のうち、前回の記事では高給ポジションの求人を外部に出す理由2点について説明しました。今回は同じポジションでも年収が高くなる以下の2つの理由を説明します。

●日本に進出してくる外資系は生産性が高い高成長企業が多い
●外資系は職務の大きさに対して給与を支払う傾向がある

海外に進出して事業を展開する外資系は一般的に単一国だけで運営する企業より生産性が高く、海外でも製品やサービスを販売・展開できる企業です。地場の企業と同レベルではなく、それを凌駕(りょうが)する強みと海外進出する確証や自信を持っています。もちろん、これは外資系だけでなく、日系グローバル企業にも当てはまります。

生産性とは別の話になりますが、国境を越えて進出できる体力がある成長企業が多いことから、進出する国で成長するための投資の目的も込め、高い年収を提示して人材を外部採用するのです。

次のページ
外資系は人事より採用部門が待遇の裁量権を持つ
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら