leverage…ほかにもこんな使い方

Complaints from customers are also important. Why not leverage that?
 クレームも大切です、ぜひ活用しましょう。

  Why not leverage …? 〜を活用しないと

 こんなときに Why not は「なぜ〜しないの?」つまり「〜しましょうよ」と前向きな提案を表します。leverage ...を続けることで、「〜をぜひ活用しましょう」という意味になります。

You should leverage your strengths in company interviews.
 会社の面接では、自分の強みを生かすべきです。

 leverage one's strength 自分の強みを生かす

 こんなときに strengthとは「強み」「長所」という意味。長所を生かしきれてない人に、ぜひ活用するよう助言するようなときに使います。

Do you have any leverage within the music industry?
 音楽業界に顔が利きますか?

 have leverage within... 〜に顔が利く

 こんなときに withinのあとに業界などの分野が入り、「特定の分野に顔が利くかどうか?」を尋ねるときに使います。

※デイビッド・セインの「ニュースで鍛えるビジネス英語」は木曜更新です。次回は9月30日の予定です。

デイビッド・セイン David Thayne
 米国出身、三十数年前に来日。翻訳、通訳、執筆、英語学校経営など活動は多岐にわたる。企業や学校の人気セミナー講師。英語関連の出版物の企画・編集を手掛けるAtoZ English(http://www.atozenglish.jp)・AtoZ English 英語学校代表。