「飲む福神漬け」老舗洋食店に聞くカレーと合うワインエンジョイ・ワイン(45)

カレーとワインのペアリングも楽しい

料理との相性を想像しながらの銘柄のチョイスは、ワインの醍醐味の1つだろう。相性がピッタリのワインなら、料理のおいしさも増す。逆もまたしかり。特に合わせるのが難しいとされるのが、ピリッと辛いカレーだ。家庭で作ることも多い、こってりとした欧風カレーにはどんなワインが合うのか。レストラン「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」(東京・渋谷)の店長でソムリエの本多康志さんに取材した。

資生堂パーラーと言えば、明治時代から続く西洋料理レストランの草分け的存在。東京・銀座の本店には、太宰治や池波正太郎など日本を代表する文化人が足しげく通った。美食家としても有名な池波は、「戦後の30年間、すべてが目まぐるしく変ったのに、ここの味だけが変らぬ。変らぬままに、戦前の繁栄をも持続させている。これは、まさに、『持続の美徳』というものであるまいか」とエッセーに書いている。

その資生堂パーラーの看板メニューの1つが「カレーライス」だ。資生堂パーラーの公式サイトでは、カレーライスをミートクロケットやチキンライスなどと並ぶ「伝統的メニュー」として紹介し、3日がかりで仕込む秘伝の味を「レストラン開業時から伝わる、カレーライスのこだわり」と説明している。

そんな資生堂パーラーに本多さんが入社したのは約20年前。本店が入る東京銀座資生堂ビル内にあるイタリアンレストラン「FARO(ファロ)」でソムリエとして働き、後半の約10年間はシェフ(チーフ)ソムリエを務めた。2020年6月、ザ・ハラジュク店のオープンと同時に、店長に就任した。

ファロにはカレーライスのメニューはなく、本多さんがソムリエとしてワインとカレーの相性を本格的に研究し始めたのは、ザ・ハラジュク店に移ってから。資生堂パーラーの看板メニュー、カレーライスとピッタリ合うワインを何とか見つけたいという強い思いから、店のワインリストに載っているワインをいろいろ試飲し、セオリーにとらわれない独自の組み合わせを発見した。

料理にワインを合わせる際は、「味わいの傾向が似たもの同士を合わせるのが基本」。数あるワインの教科書にはだいたいそう書いてある。例えば、さっぱりとしたサラダには軽い味わいのフルーティーな白ワイン、デミグラスソースなどで味付けした濃厚な味わいの牛肉料理にはフルボディーの赤ワインといった具合だ。また、甘いデザートには甘口のデザートワインを合わせるのが一般的だ。

次のページ
冷やすと一層おいしくなる1本は