日経xwoman

これだけではイメージしにくいと思いますので、まず一つ、実際の会話例で比べてみましょう。ある画家に、絵を描くことについてインタビューしていくとします。

露天掘の聞き方をした場合、例えばこんな展開になります。

◆「露天掘」メソッドで画家にインタビューした場合

質問者「あなたの趣味はなんですか?」
画家「絵を描くことです」
質問者「どんな絵を描いているんですか?」
画家「風景画です」
質問者「何枚くらいの作品になりますか?」
画家「数えたことはないですが、かなりの作品数になります。1万点ほど……」
質問者「絵を描くのは楽しいですか?」
画家「ええ、日常を忘れて絵を描いているときは没頭できますし、何といっても作品が仕上がると、達成感がありますね」

これに対し、油田掘メソッドを使ったインタビューだと、こんな展開になります。

◆「油田掘」メソッドで画家にインタビューした場合

質問者「あなたの趣味はなんですか?」
画家「絵を描くことです」
質問者「どんな絵を描いているんですか?」
画家「風景画です」
質問者「風景画とは、主にどんな場所を描くのですか?」
画家「私が描いているのは下町の風景なんです」
質問者「下町の風景……。何か思い出などがあるのですか?」
画家「そうですね、小さい頃、私は下町で育ちましたが、その風景は懐かしく、忘れられないものですね。それを描き残していきたいと思いまして」
質問者「描き残そうと思ったきっかけは?」
画家「街の開発で、懐かしい風景がどんどん変わってしまう様子を見ていて、それを忘れないようにしたいというのが一つ。また昔の街の姿を後世に伝えていけたらと、そんな大きな夢を持って描くようになりました」

どうでしょう、違いが分かりましたか?

油田掘と露天掘の質問法の違い

画家が「風景画です」と答えるところまでは同じですが、この答えの次に問いかける質問から展開が変わっています。露天掘のケースでは、この次に「何枚くらいの作品になりますか?」という質問を続けました。絵のジャンルについての答えは既に引き出せたと判断し、次は「量」を聞く質問に移っています。そして、作品の点数が1万点ほどだと分かると、「絵を描くのは楽しいですか?」と、また別の質問に移っています。次々と違う質問に移動し、広く浅く聞いているのが分かると思います。

一方、油田掘メソッドを活用したケースでは、「風景画とは、主にどんな場所を描くのですか?」と、「風景画」についてさらに掘り下げて聞いています。画家が「下町の風景」と答えると、「下町の風景に思い出が?」と続け、風景画の話をずっと掘り下げています。一つの話題を深く掘り下げていくのが、油田掘の聞き方の特徴となります。

そして、気付いたでしょうか。油田掘メソッドでは、必ず「相手の答えに含まれていたキーワード」を繰り返しながら、次の質問をしているのです。

「風景画です」→「風景画とは、どんな場所を」
「下町の風景です」→「下町の風景に何か思い出が?」
「それを描き残していきたいと思いまして」→「描き残そうと思ったきっかけは?」

このように、相手の発したキーワードを拾い、それをおうむ返しのように繰り返しながら次の質問をしていくのが、油田掘メソッドで最も重要なテクニックです。こうすることで、相手の「自覚していない」思考や本音を引き出しやすくなるのです。この2つの会話例を見ても、油田掘メソッドを使って聞いたときのほうが、同じような質問数でも画家の本音をより深く引き出せているのが分かるでしょう。

いかがでしたか? 油田掘メソッドの基本的な考え方を紹介しました。

(構成 日経xwoman編集部)

難しい相手もなぜか本音を話し始めるたった2つの法則 入門・油田掘メソッド

著者 : 牛窪 万里子
出版 : 日経BP
価格 : 1,650円(税込み)