リネンアウターの季節到来 年を重ねたオヤジの武器に

LEON

2022/6/24
LEON

貫禄のあるグレーヘアや顔に刻まれたシワなど、歳を重ねた大人ならではパーツがあります。そして、それらはむしろ積極的に活用すべき武器だとLEONは考えます。とりわけ、肌の露出が増える夏に向けて重要性もひとしお。そこで注目したいのがリネンです。




リネンといえば、清涼感溢(あふ)れる春夏素材の代表格。ですが、オヤジにとってはそれだけでなく、すでに魅力的なオヤジのパーツを生かせる素材でもあるのです。そう、リネン特有のあのちょっと枯れた風合いが、同じく枯れ感のあるオヤジの肌とすこぶる親和性が高いのです。

さらに、そんなリネンをカジュアルアウターで取り入れようというのが今回の提案。だってほら、シワが魅力のリネンとはいえ、スーツとかジャケットのシワって、気になるシワがあることも事実。その点カジュアルアウターなら、どんなシワでも気にすることなく積極的に受け入れられますからね!

【リネンアウターの選び方】

リネンアウターとは、カジュアルでおなじみの定番アウターをリネン素材で仕上げたもの。味なシワと清涼感ある風合いをユルっと楽しむ一着です。

ドレスな素材をぜいたくに使ったリネンブルゾン/キメ細かでなめらかな、ウルトラファインリネンで仕立てられたマルチポケット付きショートジャケット。通常はフォーマルジャケットに使用される上質ファブリックを、今季はカジュアルなアイテムに採用。夏の夜を涼やかに彩る軽やかにしてシックな一着です。ブルゾン37万4000円/ブリオーニ(ブリオーニ クライアントサービス)

選びの条件

【1】シワを楽しむリネン素材

“良いシワ”限定ではなく、どんなシワでも味になるカジュアルアウターだからこそシワが魅力のリネン素材とは相性抜群。思い切ってシワを楽しめる一着なのです。

【2】 風はらむユルりなサイズ感

フィッティングは、風をはらむような、ちょっとユルりなサイズ感が似合います。そのほうがリネン素材のもつ清涼感をより効果的に演出することができるのです。