パンツと靴、最旬コーデの正解は? 絶妙な4スタイル 

LEON

2022/2/26
LEON

みなさん、足元はアップデートできていますか? パンツと靴はシルエットの根幹をなすため、最旬の組み合わせが最大のおしゃれ感を生み出すんです。ここでは最新の4スタイルをご紹介しましょう!




人は齢を重ねると、新しい物事に対しおっくうになるもの。ファッションはその典型ですが、"安住の地"からたった一歩踏み出すだけで装う楽しみが蘇り、毎日が輝き出すのもまた事実です。ぜひとも新たな足元でスタイル、いや人生をアップデートしちゃいましょ!

【01】 スウエットパンツ × マウンテンブーツ

パンツ1万2980円/ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ リラックス(SHIFFON)、ブーツ6万2700円/ディエッメ×エストネーション(エストネーション)

(Pants) ■ ウノ ピゥ ウノ ウグァーレ トレ リラックス

絶妙な味付けが街中で映える仕掛け

余裕な遊び心を感じるポケットのビッグファスナーが、アイコニックで印象的。厚手のコットンスウエット地を用い、サイドに施された同色リブの切り替えラインにより、ほどよくスポーティーな雰囲気を醸せます。

(Shoes) ■ ディエッメ × エストネーション

多彩なアレンジでモテる山靴に変貌

本格トレッキングブーツを都会ではきやすいようアレンジした別注モデル。高級感あるナッパレザーに変更し、ステッチを目立たないトーンオントーンに。オリジナルライトソールは重厚な見た目ながら、軽やかなはき心地。

パンツ3万4100円/ジャブスアルキヴィオ(エフイーエヌ)、ブーツ2万9700円/ロイド フットウェア(ビームス 六本木ヒルズ)

(Pants) ■ ジャブスアルキヴィオ

上品とスポーティーの配合がお上手

スラックスをベースに、ウエストや裾にシャーリングを施すことでスポーティーなニュアンスをプラス。テクノピケジャージー素材は快適な伸縮性に加え弾力性も備えており、スラックスのような美シルエットをキープしてくれます。

(Shoes) ■ ロイド フットウェア

一周回って気分な名作を完全復刻

日本人に合う英国靴を40年以上も作り続ける老舗が、1980年代に生産。大人気だった軽登山靴「クレッターシューズ」を復刻。いわゆるトレッキングブーツで、重厚すぎない作りがいまの街ばきに最適。機能は本格派です。

次のページ
【02】 テーパードパンツ×ドレスブーツ