「転職のお試し」にも 副業は働く人・企業ともメリット

副業・兼業はメリット・デメリットを知ったうえで導入する必要がある(写真はイメージ)
副業・兼業はメリット・デメリットを知ったうえで導入する必要がある(写真はイメージ)
会社員の副業、兼業は原則禁止にしている企業が多い中、ここ数年、それらを認める動きが広まり始めています。働き方改革により、残業の減少、テレワークを推進する動きが広がり、自由に使える時間が増えたことが背景にあります。企業にも、社員のモチベーションを上げるためや、従業員の収入を補填するために、副業・兼業を認めるといった動きが広まってきています。