「さしすせそ+レ」ポッカサッポロ社長が目指す合言葉ポッカサッポロフード&ビバレッジ 征矢真一社長(下)

征矢真一ポッカサッポロフード&ビバレッジ社長

「ポッカレモン」で知られるポッカコーポレーションと「Ribbonシトロン」などの飲料を販売していたサッポロ飲料が2013年に統合しスタートしたポッカサッポロフード&ビバレッジ(以下ポッカサッポロ)。ポッカサッポロ現社長の征矢真一さんが社風の異なる両社を統合する上でのキーワードは「両社の共通項」だった。新型コロナウイルス禍にあってもポッカサッポロの主力事業のひとつ、レモン関連の商品は3年連続で過去最高の販売量を記録、統合効果も上がってきた。健康志向や在宅ワークの普及で自宅で料理やお菓子作りに励む人たちが増えた今、「さしすせそ」(砂糖、塩、酢、しょうゆ、味噌)の5つの基本調味料にもう一つ「レモン」のレを加え、合言葉にしていこうと意気込む。前回に続き征矢社長に聞いた。

(上)「危険な食べ物」入社後に覚える ポッカサッポロ社長

――ポッカコーポレーションとサッポロ飲料との統合は一筋縄ではいかなかった、とうかがいました。

草食系のサッポロと肉食系のポッカをいかに一つの会社にまとめ上げていくか、長時間、頭を痛めたのは事実です。でも「両社の共通項は何か」を探すことで、次第に一条の光がさしてきました。サッポロには長年、開拓者精神が社内に息づいており、創業から60余年のポッカも「パイオニアスピリット」をうたい、世にない商品を作り出していこうという創業者の夢があった。そこが両社の共通点ではないか、と気づいたのです。

「見つける力」「引き出す力」「発想する力」の3つの力とお客様との絆を大切にしながら、毎日の生活に彩りと輝きを加え、新しい「おいしい」を次々生み出し続ける――ポッカサッポロが掲げる経営ビジョンは、新しいものを生み出していくためにどんな力が必要か、を考え、社員同士が協力することに重きを置いたもので、私が2年ほどじっくり考え抜いた末の結論でもあります。

自分ひとりだけでとか、自分たちだけでとかは今の時代、通用しません。パートナーと一緒に共創していくことこそが求められている。そう私は考えています。飲料メーカーの場合、委託先に商品を作ってもらっているケースが多く、その委託先を「パッカー」と呼ぶことが多いのですが、社内では今、この言葉を廃絶しようという取り組みを進めています。同じように「業者」「仕入れ」といった言葉は使わずに「パートナー」と言うよう徹底しています。社員には一緒に商品を作ってくださる仲間という意識を持ってもらいたいからであり、当社が商品を供給できるのはパートナー企業の方々のおかげでもあるからです。そのつながりが大切だと思っています。

次のページ
料理にお菓子作りにレモンが活躍