パタゴニア・プロビジョンズの「スパニッシュ・ホワイト・アンチョビ レモンオリーブ」(120グラム、842円)

スライス状でそのままに

最後はちょっと変わった出自の缶詰をご紹介したい。アウトドア企業「パタゴニア」の食品事業部「パタゴニア・プロビジョンズ」のアイテム「スパニッシュ・ホワイト・アンチョビ レモンオリーブ」であります。

パタゴニアは環境保全への取り組み方が先進的な企業で、この缶詰にもその姿勢が表れている。使っている魚はカタクチイワシで、食物連鎖ピラミッドの下位にいる(つまり個体数が豊富な)魚種だ。それだけでなく、乱獲や混獲(狙った魚以外の魚類が交ざること)を防ぐため、小規模の網で捕獲するなど、漁法も持続可能な方法を採用している。今はSDGs(国連の持続可能な開発目標)が合言葉のようになっているが、同社はそれに先駆けて、こうした食品を製造してきた。

スパニッシュ・ホワイト・アンチョビには2種類の味付けがあり、「レモンオリーブ」にはオリーブの実とレモンが入っている。しかもレモンはスライス状態で入っているのがすごい。果実そのものを使った缶詰は極めて珍しいのだ。

パスタの具に利用してもおいしい

イワシの缶詰はパスタの具にしてもおいしい。「スパニッシュ・ホワイト・アンチョビ レモンオリーブ」も、茹でたパスタに缶汁ごと混ぜ、塩やスパイスで味を調えれば缶成(完成)であります。スライスしたオリーブの実も入っているから、他に食材を加えなくても本格的な一品になる。アウトドア企業のパタゴニアのグループ会社が手がける缶詰だから、キャンプメニューにしてもぴったりだ。

当初、僕は缶詰ではレモンの風味があまり味わえないと思っていた。缶詰は高温で加熱するため、酸味と香りが薄まってしまうと予測していたのだ。しかし今回の3缶は、どれもいい意味で期待を裏切ってくれた。さば水煮レモンプラスは思ったよりも酸味が利いているし、レモ缶北海道ほたては、バターと合わせたことでムニエルのような味になっている。スパニッシュ・ホワイト・アンチョビ レモンオリーブは、レモンだけでなくリンゴ酢も加えてあり、爽やかな酸味が味わえた。

他にも紹介しきれなかったレモン味の缶詰がある。10種類以上の商品が現在、発売されているので、ぜひお好みのものを見つけて味わってみてほしい。

※商品の価格は税込み

(缶詰博士 黒川勇人)

黒川勇人
1966年福島市生まれ。東洋大学文学部卒。卒業後は証券会社、出版社などを経験。2004年、幼い頃から好きだった缶詰の魅力を〈缶詰ブログ〉で発信開始。以来、缶詰界の第一人者として日本はもちろん世界50カ国の缶詰もリサーチ。公益社団法人・日本缶詰びん詰レトルト食品協会公認。

「食の達人コラム」の記事一覧はこちら