年収額の変化を、額面と手取り額とで比較

「いや、今より50万円下がるのはきついです」「A社のオファーはB社のオファーより100万円高いので、職務的にはB社のほうがピンときてはいるものの、A社で決めようと思います」

このような会話が転職活動での内定オファー時に散見されます。この「50万円、100万円の差」とは、いかほどのものなのか。我々はときに「手取りで考えてみたら良いですよ」ということも相談者に話します。年収の変化が及ぼす額面と手取りの影響を実際に見てみましょう。

オファー時に提示される年収は「額面」表記で、そこから「健康保険料」「厚生年金保険料」「雇用保険料」「所得税」「住民税」が控除されて「手取り額」となります。これを年収額別に一覧化した「年収別手取り金額一覧データ」を、会計事務所などがネット上に公開していますので、ぜひ検索してみていただければと思います。

例えば額面年収600万円の場合、手取りは457万7300円です。ここから年収が50万円上がる(650万円へアップ)と、手取りは495万1532円。逆に50万円下がる(550万円にダウン)と、手取りは420万2380円となります。

額面年収800万円の手取りは589万9136円。ここから年収が50万円上がる(850万円へアップ)と、手取りは624万6608円に。逆に50万円下がる(750万円へダウン)と、手取りは556万6104円に変わります。

額面年収1000万円のケースもみてみましょう。手取りは722万8772円。ここから年収が100万円上がる(1100万円へアップ)と、手取りは786万6192円。逆に100万円下がる(900万円にダウン)と、手取りは657万4196円となる計算です。

ちなみに額面年収1500万円の場合、手取りは1016万1040円。額面年収1800万円なら手取りは1179万8104円。額面年収2000万円になると、手取りも1292万904円に上がります。

これらの数字を見た感想はどうでしょう。もちろん、年収額が上がれば、それだけ手取りは増えます。しかし、多くの場合、額面の差でこだわっているほど、実手取りが増えたり減ったりするわけではないことに気がつくのではないでしょうか。1500万円から2000万円への額面年収の差はものすごく大きいですが、実手取り額の差を見ると、「えっ(プラス分が意外に少ない)」と思いませんか。

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
入社時だけでなく、入社後の年収可能性を確認