FIRE成功者が明かす リタイアへの稼ぎ方、今の暮らし「日経転職版」特別セミナーから

「経済的に自立し、早期にリタイアする」という生き方「FIRE」に関心を持つ人が増えてきた。「Financial Independence, Retire Early」の頭文字を並べた言葉で、投資資金を早めに稼ぎ、主に運用益で暮らす。こうした人生設計への興味を受けて、転職サイト「日経転職版」は特別セミナー「GAFAに転職して40代でFIREを実現 キャリアとFIREの実態とは?」を開催した。40代で外資系企業に転職し在職中にビジネス書を出版、現在はFIREしたビジネス書作家の寺澤伸洋氏に、FIREにつながった転職や望ましい貯蓄額など聞いた。

――メーカーで経理、営業、マーケティング、経営企画、欧州担当営業と様々なキャリアを積んでいますが、なぜ転職を決心するに至ったのでしょうか。

新卒で入ったメーカーで経理に配属されましたが、伝票打ちだけで1日が終わるような仕事で、それが面白くなくて10カ月で辞めてしまいました。その後に入った会社では、営業、マーケティング、経営企画と、人を動かしたり事業をつくったりという、非常に貴重な経験をさせてもらえて、仕事を面白いと感じることができました。

家族との時間を重視してFIREを選ぶ人も(写真はイメージ) =PIXTA

会社の留学プログラムで英国に半年間行って、戻ってきたタイミングで本社に異動になりました。そこで配属されたのが欧州営業担当でした。欧州営業では、欧州と本社との間で仕事を処理するだけになり、仕事が面白くないと感じるようになりました。このままでは自分はただの作業者になってしまい、これ以上成長できないのではないかと思ったとき、再び転職が頭に浮かびました。

――40歳で2回目の転職をするリスクは考えませんでしたか。

転職を思い浮かべるものの、40歳で転職をするというのはやはりとても怖かったです。これまで自分が頑張ってきたものが、ゼロになってしまいますから。「ここで我慢して生きていこう」というあきらめの気持ちもありましたが、そのとき会社の同僚が先にGAFA(親会社のアルファベット含むグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム)に転職をして、それがきっかけになりました。

外資系企業には「リファラル」という、誰かを会社に紹介できる制度があり、受けにこないかと誘われました。ダメだったら今のところで頑張ろうという気持ちで、面接を受けにいきました。

――面接対策にかなりしっかり取り組んだそうですが、転職における面接対策のポイントは。

自分の経験をどれだけ深掘りできるかがポイントだと思います。僕がおすすめするのは、A3の紙が真っ黒になるまで自分自身について書くことです。僕自身、それをやり切った後は、「何を聞かれても怖くない」「むしろ面接が面白い」「もっと聞いてほしい」という気持ちになったことを覚えています。

面接がこわい一番の理由は、「これを聞かれたら嫌だな」とか「きちんと答えられなかったらどうしよう」という不安があるからです。その不安を1つ1つすべてつぶしてしまえば、こわさを取り除くことができます。

――転職が成功してせっかく入ったGAFAを辞めて、FIREしようと思ったのはなぜですか。

在職中に書籍を3冊、電子書籍を数冊出版したことが大きなきっかけになりました。会社に所属していなくても収入を得られるなら、もっと自分の好きなように生きていけるのではないかということに目が向きました。

20~40代という自分の人生にとって一番いい時間を会社に費やして、65~70歳まで再雇用でさらに頑張って、70歳ではじめてお金と自由を手にして「後は好きに生きてください」と言われても、遅いと感じました。もっと若いうちから人生を楽しむほうがバランスがいいのではないかと思い、大きな決断をしました。

「あしたのマイキャリア」の記事一覧はこちら

今、転職を検討しているあなたへ / 日経転職版

同世代の年収っていくらぐらい?

日経転職版でチェック

>> 年収チェックはこちらから

次のページ
リタイアではなく、リスタートやリボーン