IT業界の中でもハードルに違いがある

適性があったとしても、企業側に未経験者を採用できる余力がなければ難しいので、業界のニーズにも目を配る必要がある。川畑さんによると、現在はやはりIT(情報技術)系が未経験者を積極的に採用しているという。

特にニーズが急拡大しているのが、インフラエンジニア、開発エンジニア(SE)という職種で、「未経験OK」であるケースが多い。あらゆる産業でDX(デジタル・トランスフォーメーション)が進み、需要が急増しているからだ。しかもネットワークサーバーなど業務系のシステム構築は規模も大きく、人手が必要になる。

一方、IT業界のなかでも未経験者の受け入れが少ない職種もあるので注意が必要だ。IT企業と言うと、電子商取引(EC)サイトやアプリを思い浮かべる人が多いかもしれないが、実はWebデザイナーやコーダーは実務経験や情報工学の知識が求められるのでハードルが高い。「もし希望するなら、専門学校で知識を身につける、未経験者でも採用されやすい就業形態(アルバイトや契約社員など)から実績を積むなどの選択肢も視野に入れておきたい」と川畑さんはアドバイスする。

第二新卒のポテンシャル、人事はどう見極める?

実際の面接では、第二新卒のポテンシャルをどのように見極めているのだろうか。サイバーエージェントの現役人事に話を聞いた。

インターネット広告事業本部・人事部門採用進化局の局長を務める高橋純也さんは「社風とマッチしているかに加えて、たとえ在職期間が短くても、これまでの経験をどうやって次のキャリアに生かせるかを見ています」と語る。面接で未経験者の業務適性をみるための質問例を教えてくれた。

<適性を見極める面接質問例>
・「業務で思い入れのある成果はなんですか?」
→仕事の規模や自分だけの成果に満足するのではなく、顧客の役に立つことにモチベーションを感じられる(=顧客志向性がある)かどうかを見極める。

・「目標を達成するためにどんな工夫をしましたか?」
→任された目標に対してどんな姿勢やアクションをとったかを通じて、営業やコンサルタントとしての適性を判断する。
サイバーエージェントの高橋さん

「成果についてのエピソードの中で、顧客からの感謝に触れているか、本質的に役に立つことを考えているかを見ます。仕事の規模や順位だけを話すような人は良い印象を持ちません。成果が何につながっているのかを意識できていることが重要です」と高橋さんは言う。

また、志望動機についてはこう語る。「当社を希望する若手の傾向として、インターネット広告代理店最大手として蓄積されたノウハウやスキルを学びたいという人が多いですね。学びたい欲求があることはダメじゃないんですけど。学んだ上で何がしたいのか、がないと厳しいですね」

辛い現状があるとしてもネガティブな理由ばかりを並べず、目の前の仕事にどう向き合ってきたかが大事――。今回の取材で、企業関係者から共通して聞かれた言葉だ。

前回登場した、東京海上日動火災保険で人事担当の山城真さんも、向き合い方を見たい、と強調していた。「情報がありすぎてキャリアに悩みやすい時代なのかもしれないですね。でも、職場を変えたからといってバラ色の人生が待っているわけではない。自分の力でコントロールできないことも多いけれど、どうもがいたのか、その姿勢を問いたい。現職に向き合い、思いをもって働いてきた人と、そうでない人とでは言葉の重みが違います。自分に指を向けて自問自答できることが大事です」

(ライター 中山明子)

「キャリアをつくる」の記事一覧はこちら