【日本語訳】
岸田文雄首相は4日の記者会見で、金融所得課税の見直しを検討する意向を示した。「選択肢の一つとして(自民党総裁選で)挙げさせてもらった」と述べた。一律20%の税率を引き上げて税収を増やし、中間層や低所得者に配分することなどを検討する。「新しい資本主義実現会議」を新設し、議論を進める考えを示した。
首相は「『成長と分配』の好循環を実現する。分配を具体的にする際には様々な政策が求められる」と強調。「その一つとして『1億円の壁』を念頭に金融所得課税についても考えていく必要があるのではないか」と言及した。

virtuous cycle..に注目してみよう!

今回取り上げる単語は、virtuous cycle...です。

記事には、We want to create a virtuous cycle of ‘growth and distribution’.(『成長と分配』の好循環を実現する)とあります。ここで注目してもらいたいのが virtuous cycleという表現です。virtuousは「徳」などを意味する virtue という名詞からきた形容詞になります。「高潔な」「道徳にかなった」などという意味で、virtuous ...で「高潔な〜」「徳のある〜」というニュアンスで徳の高い人などを表す時に使います。これが転じて、virtuous cycleで「好循環」という意味になり、create a virtuous cycleで、良い連鎖を生み出すサイクルなどを表すようになりました。cycleの代わりにcircleでもほぼ同意表現として使えます。

また、この反対の「悪循環」は「悪意のある」という意味のviciousを使って、vicious cycleと表現します。We can’t get out of this vicious cycle.(私たちはこの悪循環から抜け出すことができない)のように使ったりします。ビジネスでも日常会話でもどちらもよく使われますので、合わせて覚えておきましょう。

Speak up! 会話での使い方をみていきましょう。

【シチュエーション1】
A: Sales don’t seem to be increasing much.
 なかなか売り上げが上がらないね。

B: If you don’t create a virtuous cycle from the beginning it’s difficult to sell products.
 最初にまず好循環を作らないと商品は売れないよね。

ビジネスにおいて、時には「好循環」を生み出すことが求められたりしますね。create a virtuous cycleで「好循環を作る」という意味になります。

【シチュエーション2】
A: What is the secret to improving your English conversation skills?
 英会話上達の秘訣はなんですか?

B: I think it’s best to create a virtuous cycle where you speak a lot through conversations and then feel motivated to study more.
 たくさん話して通じることで、もっと学びたい!という好循環を作れたらいいですね。

best to ...で「〜するのがベストである」という意味になるので、it’s best to create a virtuous cycle...(〜の好循環を作るのが最善である)という意味になります。

【シチュエーション3】
A: Did you get the promotion?
 昇進決まったんだって?

B: I did! I’m also getting married, so it seems like I’m in a virtuous cycle.
 そうなんだ、結婚も決まっていいサイクルに乗ってるみたいだ。

in a virtuous cycleで「好循環の中にいる」つまり「いいサイクルに乗っている」「いいループの中にいる」というニュアンスで使います。

次のページ
virtuous …..ほかにもこんな使い方
ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら