またAndroidでは、自動車事故の検出機能も別途用意している。意識不明になった場合でも、119番などに通報されるのでこちらは有効にしたほうがいいだろう(図5)。

図5 Android(グーグルの『Pixel 6』)の場合は、自動車事故の検出機能も用意。図2左下画面から「自動車事故検出」設定に進み、同機能をオンにしておくと、事故を検出した際にアラートが鳴る。もしスマホに一定時間応答しないと、119に発信し位置情報を通知する

SOSの発信は、電源ボタンを5回押すだけ。するとカウントダウンが始まり、緊急連絡先にSMS(ショートメッセージサービス)で位置情報のリンクが届く(図6、図7)。

図6  設定した緊急SOS機能を使うには、スマホの電源ボタンを素早く5 回連続で押す
図7  図6の動作をすると、緊急SOS のカウントダウンが始まり、5秒で位置情報を発信する(左)。緊急連絡先の相手には、位置情報などがSMSで届く(右上)。リンクをタップすると発信者の現在地がわかる(右下)