2021/9/22

美咲 それなんです! 実はそこを一番心配しています。

私の目指している人材サービス業界って、働きやすい制度自体は整っているみたいなんですが、すごく個人主義で成果主義な感じがするんですよね。もちろん成果は大事ですけど、一緒に働く人々と楽しく仕事していくことも私は大事だなと思っていて。

安藤先生 松本さん。前回、企業研究は「自分が幸せに働くために」するものだという話をしましたよね。

会社説明会や選考が進んでいくと、会社側は「この人と一緒に働きたいか?」という目線で学生を評価していくわけですけど、一方で学生の側も「この会社で働きたいか?」ということを見極めていくことが必要になります。

そのためには自分が会社で働くうえで大切にしていることを明確にしておく必要があります。ちょっと書き出してみませんか?

働きやすさ、企業の規模も影響

美咲 はい。わかりました。そうだなぁ。大切にしていること……、例えば、

こんな感じですかね。

安藤先生 わかりました。松本さんが働く上で、「働く仲間との関係が良い」ということはとても重要な要素なのですね。

さて、人間関係を重視する場合、全体的な雰囲気、これを社風などとも言いますね、それだけではなく、働く企業の規模も満足度に影響を与えることになります。人と人との関係は、やはり相性がありますから。

美咲 企業規模、ですか?

安藤先生 例えば、複数の部署や事務所があって、社員が500人以上いるような企業であれば、配属された部署の人間関係が合わなかった場合にも配置転換や上司が入れ替わることが定期的に発生します。苦手な人と一緒に働くことになっても、「長くてもあと1年間!」などと終わりが見えていれば、案外我慢できるものです。

一方で、50人以下など小規模な企業の場合には、人間関係は固定化されています。つまり、ずっと同じ人たちと仕事をしなければならない。このような場合には、やはりその会社の人や雰囲気が自分の価値観に合うかということをより慎重に見極めなければいけません。

美咲 そうですね。

安藤先生 ただし非常に相性が良い会社を見つけることができれば、小規模な会社の方が慣れ親しんだ同じメンバーで働けることから働きやすい環境だといえるでしょう。

美咲 なるほど。会社の規模も働きやすさの面では大事な要素なんですね。ありがとうございました。

◇  ◇  ◇

今回で美咲のストーリー、および連載の本編は終了です。次回は、コロナ禍の就活でよく学生が悩む、オンライン面接などの疑問について、Q&A形式で安藤先生が答えていきます。この連載の内容と連動した就活本「経済学部教授とキャリアコンサルが教える就活最強の教科書」(日本経済新聞出版)も発売中です。

安藤至大
日本大学経済学部教授。2004年東京大学博士(経済学)。政策研究大学院大学助教授、日本大学大学院総合科学研究科准教授などを経て、18年より現職。専門は契約理論、労働経済学、法と経済学。厚生労働省の労働政策審議会労働条件分科会で公益代表委員などを務める。著書に「これだけは知っておきたい 働き方の教科書」(ちくま新書)など。

「就活」の記事一覧はこちら