プロのコーデ ウールアウターの「重ね着術」

《この写真の記事を読む》スタジャンやハーフコート ウールアウターは重ね着で

USONIAN GOODS STOREの早野海さん
「しっかりと重ね着をして防寒対策をすれば、ウール素材のアウターでもキャンプができるほどの保温性を確保できると思います」
ジャケット 5万7200円(フィルソン)、シャツ 2万9700円 ※オーダー価格(インディビジュアライズドシャツ)、セーター 2万4200円(ユーソニアン スポーツウェア)、パンツ 2万8600円(マキシマムヘンリー)、ベルト 1万6000円(マキシマムヘンリー)、ソックス 3850円(アメリカントレンチ)
ネクタイの結び目に合わせて、シャツの襟も小ぶりなものを選んでいるという
ポケットにはチープなデザインがかわいらしいSwatch(スウォッチ)の懐中時計を入れている。チェーンを垂らせば着こなしのアクセントになる
レースアップ仕様の革靴のようなデザイン。「ソールはもともと左右で素材が異なる競技仕様でしたが、外履き用のものに張り替えました」
コート 12万6500円(ワイス)、シャツ 2万8600円(インディビジュアライズドシャツ)、ジャケット 5万5000円(レディホワイト)、パンツ 2万8600円(ハートリング)
ハンティングジャケット風のコート、トラッカージャケット、シャンブレーシャツを重ね着して武骨な雰囲気にまとめた
トラッカージャケットのボタンの留め方にもこだわりがあるという。「上2つは襟元を見せるため、下2つは歩くときや座るときに窮屈にならないためにあけています」
ジャケット 6万2700円(セトルマイヤーズ)、シャツ 2万8600円(インディビジュアライズドシャツ)、カットソー 1万4300円(レディホワイト)、パンツ 2万9700円(ビーサイズ)、ベルト 1万6000円(マキシマムヘンリー)
フロントボタンを開けてタートルネックの存在感も高めている
他のブランドではあまり見られない深さの股上と、ゆとりのあるストレートシルエットが特徴