大掃除でカロリー消費(イラストはイメージ、PIXTA)

メッツ値という物があり、これを使うと、ある運動や身体活動が座って安静にしているときの何倍のエネルギーを消費したかがわかる。体重と身体活動の種類と継続した時間を数式に当てはめればすぐさま計算できる。

例えば、体重60キロの人が掃除機を29分かけると3.3メッツ=軽い筋トレ、散歩と同等のエネルギーを消費したことになるそうだ。これだけでも立派な運動不足解消だ。

では大掃除の場合で計算すると。家具の埃取りや掃除機かけ、窓掃除など定番のメニューを6種類こなしたとしたら、およそ1000キロカロリー消費したことになり、洗車、床磨き、食料品の片付けまで入れるとハーフマラソンに匹敵するカロリー消費をしたことになるそうだ。すごいですね。 

今日の私の大掃除は何に匹敵するのだろうか? 計算しちゃいましょ。体重は秘密です。

かかった時間は約5時間。9種類の掃除をこなし、消費したのはおよそ680キロカロリー。ウォーキングなどの有酸素運動なら2時間半以上、腕立てや腹筋運動などの筋トレだと3時間近くもかかるカロリー消費をしたようだ。頑張ったな。尊い、私。

年を越して早くも半月が経過したが、まめな掃除であれの埃は寄せつけない。「還暦の知恵」を使いつつ、家事しながら運動をコツコツ両立し今年も健康に過ごしたいものだ。

還暦のアイテムは赤いちゃんちゃんこよりエプロンにするかな。赤い掃除機もそろえたい。

ちなみに、気になるあれの名前は、幅木(はばき)でした。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
人生を豊かにするスローエイジング最前線