脳はアルコールを欲している? 酒と脳との相性は…

日経Gooday(グッデイ)

「少量の飲酒でも継続することで脳が萎縮する」という研究結果を聞き、衝撃を受けた酒ジャーナリストの葉石かおりさん。臨床脳研究の第一人者で、自然科学研究機構生理学研究所名誉教授の柿木隆介氏に、「アルコールで脳が萎縮しても、認知機能にはあまり影響は出ない」と聞き、安堵しました。そしてさらに、なぜ脳とアルコールの相性がこんなに良いのか、脳はアルコールからどんな影響を受けるのかについて、深掘りして教えていただきました。

人が酒を欲するのは「脳がアルコールを欲するから」なのか?

前回(「1日ビール1缶でも脳が萎縮? 認知機能への影響は…」)も述べたように、久しぶりに外飲みで記憶をなくし、靴を自宅の玄関の外で脱いで置き去りにするという失態を犯してしまった。

これも長年の飲酒で脳がダメージを受けているのではと思い、臨床脳研究の第一人者、自然科学研究機構生理学研究所の名誉教授である柿木隆介氏に話を聞いたところ、「最近になって少量の飲酒でも習慣的に続けると脳が萎縮するという報告[注1]がありましたが、それでも認知機能への影響はほとんどないと考えられるので、あまり心配はないでしょう」とお墨付き(?)をもらった。

柿木氏によると、そもそも脳の萎縮は避けられない加齢現象であり、年を取ると脳の神経細胞が死んで萎縮が起きる。一般的には、30代くらいから脳の萎縮が少しずつ始まり、65歳を過ぎると、肉眼でも分かるほど萎縮が進んでいくという。

飲酒はこの加齢による脳の萎縮を進めるのだが、アルコールによる脳の萎縮は、アルツハイマー型認知症などの脳の萎縮と違って、認知機能にはそれほど影響を及ぼさないのだ。

葉石かおりさん最新刊『名医が教える飲酒の科学』

しかも、「実は、どのようなメカニズムによってアルコールで脳が萎縮するのかは、まだよく分かっていないのです」(柿木氏)というから不思議だ。

それどころか、柿木氏によると、脳とアルコールは相性が良く、「人が酒を欲する気持ち」にも脳が関わっているのではないか、とのこと。

いったいどういうことだろうか。引き続き柿木氏に話を聞き、アルコールが脳に与える影響について深掘りしていこう。

脳には有害な物質をブロックする「関門」があるが、アルコールはその関門を簡単に突破し、脳に影響を与える(写真はイメージ=PIXTA)

[注1]Nat Commun. 2022 Mar 4;13(1):1175.

次のページ
アルコールは「脳の関門」を簡単に突破できる