DITA 華やかなボストンシェイプ×柔らかブラウン

1995年に米ロサンゼルスで創業したDITA(ディータ)は最高級の素材を使い、日本で丁寧に製作されていることでも有名なブランドです。ラグジュアリーなアイウエアブランドでありながら、あえてロゴマークを目立たないようにしており、印象はスタイリッシュ。シンプルかつラグジュアリーで大人っぽい存在感は壮年の顔をぐっと引き立てます。

日本の技術に敬意を表し、テンプルには刀の鍔(つば)をモチーフにしたアクセントが。このキラっとした光が顔全体に華やかさを加える メガネ(ASH(+))7万4800円、レンズ7700円(DITA / DITA AOYAMA STORE)

お薦めの組み合わせはこちら。フレームは「ASH+」。クラシカルなボストンタイプの落ち着きとモダンなフレームラインがエレガント。ビンテージ調のブラウンとイエローゴールドの組み合わせが親しみやすい雰囲気を添えます。そんなフレームにぴったりなのがブラウンのカラーレンズ。知的で優しい印象を最大に引き出し、「優しそう」と女心をつかむチョイスです。

EYEVAN 7285 威厳をたたえたサーモント×グレー

ディテールの精緻さ、クラシックの再構築のセンスの良さ、そして感度の高いファッション性で人気のEYEVAN(アイヴァン) 7285。数多くあるモデルの中でも壮年の男性にお薦めしたいのが、こちらのサーモントタイプです。

映画「JFK」でケネディ米大統領暗殺事件の真相を究明する役のケビン・コスナーがかけたことで一躍有名になったモデルです。このデザインはそもそも米国のモント将軍が眉の薄さに悩み、威厳を感じさせるデザインをオーダーしたのが始まりとの説もある元祖ブロータイプ。眉のような太めのブリッジが特徴で、かけると知的で誠実でりりしい印象。そこにアイヴァンならではのファッション性が加わったフレームは、お洒落も仕事もそつのない男性といった雰囲気。女性の憧れをかき立てる上司のような魅力をフルラインアップで醸し出せます。

太めの直線的なリムがキリッとした印象を演出。グレー系レンズは日差しを遮る効果が高く、夏にお薦めのカラー。眼鏡(645)(レンズ付き)6万500円(EYEVAN 7285 / EYEVAN 7285 TOKYO)

そんな魅惑のフレームには、デザインにふさわしいシックなグレーを合わせます。とはいっても、こちらのグレーは、ややオレンジ味があって温かみを感じさせ、キリッとクールな中に色気も漂う、そんな魅惑的なまなざしを演出してくれます。大人の奥行きを表す絶妙な組み合わせ。夏のキメの一本です。

MASUNAGA since1905 軽量チタンのウェリントン×グリーン

創業は1905年。100年以上の歴史がある眼鏡メーカー、増永眼鏡のブランド「MASUNAGA since1905」。フレームはストイックなまでのミニマムなラインの美しさをたたえ、男性の知性を引き立てるものばかり。「いざ!」なプレゼンの時にも説得力が倍増。聡明(そうめい)な女性ほど「できるわね」と、その印象に心奪われる次第です。

そんなフレームたちの中でもインテリジェンスな雰囲気と、女性好みの柔らかい印象を併せ持ったデザインのフレームがこちら。チタン素材で形成し、クールな印象に仕上げつつも、ウェリントンならではのどこか柔らかい印象も感じさせます。言ってみればキレッキレな人なのに優しげというまさに女心のベストバランス。

強度と快適なかけ心地を追求。パーツによって異なるチタンを使用する。眼鏡「MADISON」6万3800円、カラーレンズ7700円〜。(MASUNAGA since1905 / MASUNAGA 1905 AOYAMA)

そんなフレームに組み合わせたカラーレンズはグリーン。チタン独特の渋い色合いのフレームに合わせると、エッジィな素材が何とも洒脱(しゃだつ)なビンテージ感のあるお洒落な雰囲気に。しかも、この色は肌のトーンも明るく見せてくれるので、壮年の肌には強い味方。ポジティブな雰囲気もあり、頼れる男性という印象です。この組み合わせで、週末のテラスなどでお茶でもすれば、周囲の女性のチラ見は続出。一本備蓄は夏の正解を生むはずです。

SUITS OF THE YEAR 2022
Watch Special 2022
SPIRE
次のページ
LINDBERG フレームカラーでも惹きつける