ボージョレ・ヌーボーも「脱炭素」 おいしくお安く エンジョイ・ワイン(44)

出来たての今年産のボージョレ・ヌーボーを持って畑に立つ生産者(フランス、徳岡提供)

ボージョレ・ヌーボーが販売解禁になり、さっそく味わったという人もいるだろう。日本は実はこのフランス産新酒の世界最大の輸入国だが、販売量は右肩下がりで、店頭にかつてのような熱気はない。その一方で、一部のワイン愛好家の間でひそかに注目を集めているのが、“脱炭素ヌーボー”だ。気候変動問題の解決に貢献できるだけでなく、通常のボージョレ・ヌーボーより安くて、おいしく、コスパがよい、と評判だ。

ボージョレ・ヌーボーは、フランス・ブルゴーニュ地方の最南端に位置するボージョレ地区でつくられるワイン。ロゼも少量生産されているが、主に赤ワインだ。渋みの元となるタンニン成分の少ないガメイ品種を使った、フレッシュでフルーティーな味わいが特徴。醸造法もカルボニック・マセレーションと呼ばれる独特のもので、それによってつくり出される味わいは、しばしばバナナやキャンディーの香りに例えられる。

キリンホールディングスの調べによると、昨年の日本向けの輸出量は輸出全体の46%を占め、2位の米国(18%)を大きく引き離した。しかし、日本の輸入量自体は2004年を頂点に長期減少傾向が続いており、昨年の輸入量はピーク時の約3割にすぎない。かつては真夜中に派手な解禁パーティーが開かれるなど盛り上がったが、ワイン市場が徐々に成熟し、もっと落ち着いて楽しみたいという消費者が増えていることなどが市場縮小の要因のようだ。

消費者のボージョレ・ヌーボー離れが進む中、一部の愛好家の間で注目を集めているのが、温暖化ガスの排出量削減に貢献する“脱炭素ヌーボー”である。日本に輸入されるワインは通常、船便だが、ボージョレ・ヌーボーは毎年、11月第3木曜日の解禁日に間に合わせるため、航空便を使う。しかし、航空輸送は海上輸送や陸上輸送に比べて温暖化ガスの排出量が圧倒的に多い。世界のワイン業界が足並みをそろえて力を入れている温暖化ガス削減の試みにも逆行している。

次のページ
ボトルの中で熟成する「列車ヌーボー」
メールマガジン登録
大人のレストランガイド