《この写真の記事を読む》365日スーツでミドリムシと対話 ユーグレナ出雲充社長

「休みなくスーツを着て仕事。それが一番楽しい」と話すユーグレナ社長の出雲充さん(東京都港区のユーグレナ本社で) スーツの生地はスキャバルの「CLASSICSバンチ」。リングヂャケットならではの立体的な縫製で軽い着用感。低いゴージラインと幅広のラペルも魅力(リングヂャケット、オーダー価格27万7200円) 時計はグリーンの文字盤。ピンクゴールドのGMT針は山桜が咲き始めた斜面の風景を表現した(グランドセイコー エレガンス コレクション SBGJ251、81万4000円) 撮影:筒井義昭
トレードマークのライムグリーンのネクタイは4本ずつネットで購入し、「汚れたときに取り替えられるように、予備を持ち歩いています」。ミドリムシ一筋に頑張ってきた、出雲さんの努力の証ともいえる 撮影:筒井義昭
「僕が子供に一番おすすめしたいのが農業。植えたらこんな実がなった。どんな味?……想定外のことが次々起こる。それが大事。今の時代、頭で考える人よりも、とにかくやってみる人の方が強いんです」 撮影:筒井義昭
SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2022
SPIRE