大学が「必要な場所」になるには 慶応義塾長と考えるRe:Hack 成田悠輔×ひろゆき

日本経済新聞社とテレビ東京が動画投稿サイト「YouTube」上で展開している、経済バラエティーチャンネル「日経テレ東大学」。その中から、討論番組をNIKKEI STYLEでもご覧いただいております。

日本や世界の根本的な問題に新しい視点を提供して再定義する討論番組「Re:Hack」。パーソナリティーは米エール大学助教授で起業家の成田悠輔さん、インターネットの巨大匿名掲示板「2ちゃんねる」創設者ひろゆき(西村博之)さんです。

上編に続き、慶応義塾長の伊藤公平さんを迎えて大学教育について考えました。大学が本当に「必要とされる場所」になるためには、大学生のレベルや質を上げるには何をすべきなのか。そして寄付金を払って大学に入ることは、大学経営の視点で考えると悪と言い切れるのか――。

成田さんの「弟子」である現役の慶応義塾高生も登場し、慶応大がどのように見えているか本音も飛び出しました。

◇   ◇   ◇

政治・ビジネス・アート……あらゆる分野のエキスパートたちがトークで「世の中のいま」を切り取る、日経テレ東大学。詳細についてはこちらから。