新作公開の007 ダニエル・クレイグ主演5作を再確認『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(後編)

現在公開中の映画『ノー・タイム・トゥ・ダイ』。ダニエル・クレイグ(左)のジェームズ・ボンドは今作が最後になる
日経エンタテインメント!

6年ぶりの『007』シリーズ新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が公開中だ。21作目『カジノ・ロワイヤル』(2006年)からジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグが今作で最後となる。

通常、007映画シリーズは1作1作が独立した物語だが、クレイグ版ボンドは物語がつながっている。プロデューサーのバーバラ・ブロッコリは「ダニエル・クレイグで『カジノ・ロワイヤル』をスタートしたころから、『クレイグ版のジェームズ・ボンドは彼の成長物語、(スパイの称号である)00になるまでの物語』と決めていました。(上司)Mはいたけれど、(秘密兵器設計者)Q、(Mの秘書)マネーペニーはいなかった。その後、昔のシリーズに近いものにするために、徐々に再登場させていった。そして(敵組織である)スペクター。ファンは待ち望んでいたと思います」(『スペクター』公開時のインタビューより)。

新作公開にあたり、クレイグ版007のつながりを確認しよう。

[以下、5作品の関係性を示すため、過去作品のストーリーの重要な部分について触れている記述もあります。見ていない人はご注意ください]

前作のラスト直後から始まった作品も

『カジノ・ロワイヤル』(06年)のボンドは殺しのライセンス「00」を得たばかりの駆け出しだった。悪役ル・シッフルがテロ資金を稼ぐため参加したポーカーゲームにボンドも参加。ボンドの監視役として英国政府から送られてきた金融活動部のヴェスパーと恋仲になるが、ラストで彼女はボンドを救い自らが犠牲となる。

続く『慰めの報酬』(08年)はシリーズで初めて、前作のラスト直後から物語がスタート。ヴェスパーを裏で操っていたミスター・ホワイトを手掛かりに、彼の背後にある組織を探る。『スカイフォール』(12年)は前作と直接物語はつながっていないものの、シリーズでおなじみのQとマネーペニーが初登場する(マネーペニーは映画のラストでMの秘書になる)。ジュディ・デンチ演じるMがラストで亡くなり、レイフ・ファインズが新たなMとなる。またボンドが幼少期の頃に住んでいたスコットランドの邸宅スカイフォールがラストの舞台となる。

『スペクター』(15年)は前作とつながっている。冒頭、ボンドはメキシコシティである任務に就くが、それは亡くなった前任のMからの遺言だった。前作で焼けた邸宅の残骸をマネーペニーから渡され、そこにあった写真には少年時代のボンド、養父、そしてもう1人の少年が写っていた。今作で、ショーン・コネリーが初代のボンドを演じていた頃に度々登場していた悪の組織スペクターが復活。クリストフ・ヴァルツが組織のボスを演じる。ラストでボンドは所属していた英国諜報組織MI6を引退する。

次のページ
悪役には演技派を起用 多様性も意識
エンタメ!連載記事一覧