Fashion×Analytics 冬の気分アゲる鮮やかグリーン

《この写真の記事を読む》この冬はグリーンがトレンド 「初心者」の着こなし術

SEPTISオーナーの玉木朗さん
「ネイビーとグリーンのコーデはおすすめしません。合わせるなら水色に近い色味のものを選ぶといいでしょう」 ジャケット 4万4000円(マックレガー)、シャツ 1万2980円(セプティズ)、パンツ 1万6280円(バーンストーマー×セプティズ)、ベルト 2万9920円(ハーディーアンドパーソンズ)、ソックス 1430円(ハリソン)、シューズ(私物)
ジャケット 1万9910円(ラコステ)、シャツ 1万3970円(セプティズ)、パンツ 2万4200円(リーバイス)、ベルト 8910円(セプティズ)、ブーツ 1万9800円(アルテサノス)
シャツの柄やベルトにもグリーンを使用。どれも同程度の彩度で統一されている点にもこだわりを感じる
クリーム色の靴ひもは生成り色のデニムパンツとも相性がいい
Tシャツ 1万4300円(チャンピオン)、インナー(私物)、パンツ 1万3200円(リー)、キャップ 8580円(エベッツフィールド)、スニーカー(私物)
首元からさりげなく見せたグレーのTシャツもアクセントに
1973年に登場したアディダスのランニングシューズ「カントリー」。1984年公開の映画『ビバリーヒルズ・コップ』でエディ・マーフィが演じる主人公が履き、注目を集めた
セーター 2万4200円(ジャミーソンズ)、シャツ 1万1900円(セプティズ)、パンツ(私物)、ベルト 2万9920円(ハーディーアンドパーソンズ)、ソックス 1430円(ハリソン)、シューズ(私物)
傷みやすい肘部分を補強するだけでなく、デザインのアクセントとしても魅力のエルボーパッチ
インナーのシャツは細かいチェック柄。鮮やかなグリーンが使われている

SUITS OF THE YEAR 2021
Watch Special 2021
Instagram