プロのコーデ アウトドアウエア、街でもおしゃれに

《この写真の記事を読む》ナナミカ×ザ・ノース・フェイス おすすめ街着コーデ

ナナミカ マウンテン店長の大嶋篤史さん
「『着心地が良い服が着たい』というのは人間の根元的な欲求。快適に着られるアウトドアウエアを日常着に取り入れるのは、ある意味で必然的だと思います」
シャツ 1万6500円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、パンツ1万9800円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、ハット5390円(サブライム)、スニーカー(私物)
シャツの背面にはベンチレーション(通気口)を設けている
「タックインするときはシャツをブラウジング(少しだけ引き出してウエスト部分に膨らみをもたせること)するのがコツです」
足元にはコム デ ギャルソン出身のデザイナーが手がけるフミト ガンリュウとコンバースがコラボレーションした一足を選んだ。「斜め向き」のようなデザインがユニークだ
シャツ1万8700円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、パンツ2万2000円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、キャップ(私物)、スニーカー(私物)
ボトムスには白のデニムパンツを着用。「軽量で速乾性が高いので『夏にデニムパンツをはくのは抵抗がある』方にもおすすめです」
シャツは身頃の長さが前後で異なっているのも特徴
「『850』にこだわらず、オーソドックスなグレーのニューバランスでも、このコーディネートを再現できます」
ジャケット1万9800円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、カットソー1万4300円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、パンツ1万6500円(ザ・ノース・フェイス パープルレーベル)、キャップ(私物)、スニーカー(私物)
ジャケットは米海軍が座礁船の引き揚げなどの際に着た「サルベージパーカ」をベースにしたデザイン。フロントの大ぶりなポケットが特徴だ
カットソーは首元が少し高めになったモックネック仕様で、キャップはジャケットと同じナイロン素材。首元のディテールや小物使いにもこだわりが感じられる
「身長170センチの僕の場合、靴下の長さはふくらはぎより下くらいがベストです」