王道のグレースーツ、ノータイなら濃淡でメリハリ夏の装い Q&A(5)

MEN’S EX

2022/8/23
MEN'S EX

夏の装いでは、ノータイになって着用アイテムの数が少なくなることは避けられない。さらに洋服の生地や仕立て自体も軽くなる。それによって、普段通りに着ていてもどこか味気なく、さえない見た目になってしまうことがあるのだ。そんな悩みを解消するため、これまでに紹介したアイテムを自身のワードローブに取り入れ、ミドルエイジの男性にふさわしいクラス感や洒落(しゃれ)感を表現できるコーデ術を考察する。シリーズ5回目の今回は、ノータイの装いを上品にまとめるグレーコーデと、冠婚葬祭用ではない黒ネクタイを取り上げる。




Question ネクタイをしないと着こなしが地味になってしまう…

ノータイこそストイックに「グレーコーデ」で洗練させる

夏場において最高に涼しい色といえば白に近いグレー。梳毛(そもう)のグレースーツなら、太陽光を反射してくれ、周囲からも涼しげに見える。今夏、大人のノータイは濃淡グレーの使い分けにあると心得よう。

STYLING POINT

同色コーデでも濃淡のメリハリを意識する

Coordinate 1

ダークグレースーツにライトグレーのポロで抜け感を

スーツとインナーで色の濃淡に変化を加えると、全身がぼやけずに、メリハリの効いた上品な装いに。チャコールグレーのストライプスーツには、ワントーン明るいニットポロをイン。黒靴で引き締めれば、ビジネスに通ずるドレス感が生まれる。

スーツ16万5000円/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店) ポロシャツ6万1600円/カナーリ(コロネット) 靴5万600円/ポルペッタ × シップス(シップス 銀座店)

Coordinate 2

中間色のチャコールグレーはダークなインナーで引き締める

涼しげなミディアムグレーのジャージースーツは、Coordinate 1とは逆に、インナーをダークトーンで落ち着かせることで、上着とのメリハリを効かせる。黒のタッセルローファーも、柔らかいスーツの素材感に合わせてスエード素材を選ぶと品よくなじむ。

スーツ7万4250円(オーダー価格)/麻布テーラー(Y&Mプレスルーム) ニット1万7600円/トゥモローランド トリコ(トゥモローランド) 靴9万200円/ボードイン アンド ランジ(コロネット)

Coordinate 3

トップスをライトにまとめパンツはダークに差をつける

上下の色が分かれるジャケパンスタイルでは、上半身を同トーンでまとめ、パンツのトーンでメリハリを効かせよう。写真のように上半身がライトグレーなら、パンツはダーク系。逆に、上半身がダークトーンならパンツを明るめに。

ジャケット10万8900円/タリアトーレ(トレメッツォ) ポロシャツ3万1900円/ジョン スメドレー(シップス 銀座店) パンツ2万7500円/ジェルマーノ(バインド ピーアール) ※靴は参考商品/ポール・スチュアート(ポール・スチュアート 青山本店)

Study

近しいトーンだとさえない印象に

シックで知的な印象を与えるグレーコーデだが、上下トーンを近い色同士でまとめてしまうと、装いがぼやけてしまい、キレがない印象に。上下、内外で色の濃淡を意識したい。

次のページ
Question 軽装でも重みと貫禄を感じさせるには…