ミリタリーアウターの秋 男前の秘訣は「黒」を使う

LEON

2022/11/22
LEON

男らしいアウターの代表格であるミリタリー。武骨さを中和するには、正反対の軽やかで清潔感のあるアイテムを合わるのもアリですが、実は最も男前になるのは、黒を使うことなんです!




黒を使えばミリタリー×デニムもやぼじゃない!

ミリタリーの武骨さを中和しようと、正反対な清潔感のあるアイテムを合わせるのも、確かに効果的です。しかし、意外と使えるのが黒! 黒シャツに黒パンツ、そして黒ブーツと全身を黒で統一することで、洗練された印象になるんです。

すると、武骨なミリタリーも一転して色気の漂うコーデに。軽さを出すのもアリですが、むしろ重めに振り切るのも手ってこと。ミリタリーならではの男らしいワイルドさはしっかりキープしつつ艶感まで醸し出せる、まさにモテる男前スタイルが完成するってワケなんです!

黒でシメることで武骨さと色気の両立が可能

コート12万1000円/ヘリル(にしのや)、シャツ3万1900円/ジャンネット(トヨダトレーディング プレスルーム)、パンツ2万9700円/イカイ(スピラーレ)、スカーフ1万8920円/フラテッリ ルイージ(シップス 銀座店)、サングラス5万2800円/アイヴァン 7285(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ベルト2万9700円/アルベルト ルティ(アマン)、ブーツ18万7000円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)、時計33万3300円/チューダー(日本ロレックス / チューダー)

通称モッズパーカと呼ばれるM-51パーカをモチーフにしたこちら。かなりオーバーサイジングなシルエットは、ヴィンテージさながらの加工を施したヘビーダック地と相まって、実に武骨です。デニムとのコーデなどまさにといったところですが、シャツも含めオールブラックでなら印象は一変。編み上げブーツじゃなく、ナローなサイドゴアブーツを合わせたのもポイント。武骨さの中にも色気とモード感が漂う大人ミリタリーの完成です。

次のページ
柄スカーフで首元から艶感を匂わせ