ももクロ佐々木彩夏 アイドルフェスでもらった刺激

日経エンタテインメント!

日経エンタテインメント!

2022年5月に結成14年を迎えるアイドルグループ「ももいろクローバーZ」。ライブの楽しさで有名な彼女たちですが、ライブができないコロナ禍の2年間で何を考え、何に挑戦してきたのかを、川上アキラマネージャーと本人たちの言葉で振り返ったのが書籍『ももクロ流 2020-2021』(日経BP)です。

その発売を記念し、NIKKEI STYLEに、日経エンタテインメント!の人気連載『新・ももクロ61分3本勝負』の“延長戦”を掲載します。現在発売中の22年2月号では21年末に有観客で行われたももクロ冬の定番ライブ「ももいろクリスマス」や、自身が参加するアイドルユニット「浪江女子発組合」のお話を掲載していますが、こちらの延長戦では、まずは佐々木彩夏さんがプロデュースするアイドルフェスティバル「AYAKARNIVAL2021」のお話から。[※インタビューは21年12月下旬に行いました]

ももいろクローバーZの佐々木彩夏さん。ももクロだけでなく、自らプロデュースを手掛けるアイドルグループ、浪江女子発組合のメンバーとしても活動中です

主催したアイドルフェスでは7組と共演も

――21年11月17日に、佐々木さん主催のアイドルフェス『AYAKARNIVAL2021』が武道館で開催されました。3回目となるこのライブの趣旨から改めて聞かせていただけますか。

佐々木 ここ何年かはスターダストプラネット(ももクロが所属するスターダストプロモーションのアイドルたちの総称。略称はスタプラ)のアイドルたちで集まる機会が増えたので、スタプラじゃないアイドルとの交流の場がほしいなって。ももクロは最近、アイドルフェスに呼ばれないから(笑)。後輩からの刺激もほしいし、「やっぱりアイドルっていいな」ってみんなで言い合える場所があったらいいなと考えたのが始まりでした。最初は結成5年以内という条件だったんですが、3回目になって毎年出てくれるチームもできてきて、その条件は曖昧になっています(笑)。

川上 いい形で成長していますよね。でも、みんなが頑張ってくれているからこそ、僕たちがもっと外に広げる作業をやらないといけないとは考えています。いいイベントだからこそ、プロモーションをもっと頑張らないと。

――出演するグループも3組から5組、そして昨年は7組と順調に増えています。ただ佐々木さんは、すべての出演グループと必ず1曲共演するというコンセプトだけに、年々大変になっているような気も……。

佐々木 新曲が7曲あったみたいな感じです(笑)。でもダンスの先生によって振り付けの作り方が違うんだと分かるのは楽しい。それにグループの人数によって立ち位置やフォーメーションも全然違うので、「この人数だとこんな見せ方もあるんだ」という発見もありますし。各チームの色も全然違うので楽しかったですよ。

川上 でも普通できないですよ。こんな短時間で、12月7日、8日の「ももいろクリスマス」の準備もやりながら、ですから。翌18日の「ドリフ&ももクロ ライブフェス~コントもあるョ!全員集合~ produce by もリフのじかん」(ザ・ドリフターズとももクロが共演する配信番組『もリフのじかん』が開催した武道館イベント)の準備も並行していましたし。

次のページ
3年続けたことでできたつながり