もしものときに備える 今すぐできる「デジタル終活」最新のお金リテラシーが身に付く! 得するWOMAN講座

日経ウーマン

日経ウーマン

Q. スマホユーザーは全員必読! 今すぐできる簡単な「デジタル終活」とは?
A. カギを握るのはスマホのパスワード。紙に書いてマスキングし、保管を

トクニャン(以下、トク) お得情報好きなネコ、トクニャンだニャ。トクニャンが最近気になるのは、「もしも」のときのデジタルデータの取り扱い。故人のPCやスマホ内にあるデータなどは「デジタル遺品」と呼ぶらしいんだけど、最近はトラブルも増えているらしいんだニャ! 今回は「終活弁護士」として活躍する伊勢田篤史さんにお話をうかがうニャ!

伊勢田(以下、伊) トクニャンは今、もしもご家族の方が亡くなったら、まずは何をしますか?

トク う~ん。葬儀の準備と並行して、故人の知人に連絡かニャ。ハッ、でも今どきほとんどの人は、電話番号はスマホで管理してるよニャ?

 そうですよね。他にも、いざ相続となったとき。通帳のある銀行などはさておき、故人がネット証券などで資産運用をしていたらどうすればいいか。

トク ひゃ~。「家族に内緒で株やってる」って、ありそうな話だもんニャ~。そもそも、PCもスマホもパスワードが分からないと何もできないニャ。

 特にスマホのパスワードロックは非常に強力。何度か連続で入力を間違うと初期化されることもあります。スマホのロック解除を頼める業者もあるにはあるのですが、十万~数十万円の経費がかかったり、解除に半年以上要したりすることもあるようです。

トク そんな~。でも、親きょうだいやパートナーと「もしものときのために、スマホのパスワードを教え合っておく」っていうのは、抵抗ある人も多いんじゃないかニャ。たとえ身内でも、そこはプライバシーが…。

 そんなトクニャンに、今すぐできる、とっておきの方法をお教えしましょう。

イラスト おおの麻里
次のページ
「パスワード共有」が終活のファーストステップ