ハロウィーンはホラー映画が主役 米国で公開続く理由

10月29日公開の『ハロウィンKILLS』。殺人鬼ブギーマンことマイケル・マイヤーズはホラー映画界のアイコンの1人だ。ローリーの自宅に閉じ込められ火を放たれたブギーマンだが、生き延び、再びローリーの命を狙い、ハドンフィールド中心部へ向かう
日経エンタテインメント!

例年、アメリカ映画界では10月末のハロウィーンに合わせて、9月から10月にかけてホラー映画が数多く公開される。今年は8月27日に『キャンディマン』(1992年公開の同名ホラー映画のリメイク)、9月10日に『マリグナント 凶暴な悪夢』(『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督作)、10月15日に『ハロウィン KILLS』(18年公開『ハロウィン』の続編)、10月29日に『ラストナイト・イン・ソーホー』(『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督作)が公開された。

この時期にホラー映画が公開されるのは、ハロウィーンの内容と関係がある。ハロウィーンは古代ケルト人に起源を持つ新年と冬を迎えるお祭りで、夜には死者の霊が家に帰るといわれる。子供たちは魔女やお化けなどに仮装して、近所にお菓子をもらいに行く。日本では「ハロウィーン=仮装」のイメージだが、欧米では「ハロウィーン=お化け」を連想させることから、「ホラー映画を公開する時期としてはピッタリ」とハリウッドで判断されている。

78年のハロウィーンに登場したブギーマン

「ハロウィーン=ホラー映画」の元祖といえそうなのが『ハロウィン』だ。ハロウィーンの夜、殺人鬼が白いマスクを被って次々に人を惨殺する。殺人鬼の名前はマイケル・マイヤーズ、別名ブギーマン。怪力を持ち、感情を表さず、殺人の動機は不明。アメリカで78年に公開され、当時の若い映画ファンに強烈なインパクトを与えた。『13日の金曜日』のジェイソン、『エルム街の悪夢』のフレディに並ぶ、ホラー映画界のアイコンの1人だ。

『ハロウィン』のヒットをきっかけに、映画会社はハロウィーンに合わせてホラー映画を公開するようになる。ホラー映画は若者を中心に根強い需要があるからだ。またアクション大作と比べると低予算で製作できることから、監督やプロデューサーがアイデア勝負で作りやすいという背景もある。

ハロウィーンに公開されたホラー映画で大ヒットしシリーズ化されたのは、近年でいえば『ソウ』と『パラノーマル・アクティビティ』だ。

『ソウ』は04年から10年まで7作が作られた。1作目は猟奇的連続殺人犯ジグソウが仕掛ける死のゲームの巧みなストーリー展開と、死んでいく人間たちの残酷描写が新しいホラー映画として評判となり若者の観客に受けた。映画会社ライオンズゲートでは監督や脚本家を代えながらシリーズを毎年製作。期間を空けず連続して公開することで、「ハロウィーンに見るべき映画は『ソウ』」のイメージを定着、04年から10年まで人気を維持した。その後17年に『ジグソウ:ソウ・レガシー』がハロウィーンに合わせて公開され、21年に『スパイラル:ソウ オールリセット』がハロウィーン以外の時期に公開された。

『ソウ』と入れ替わるように09年に登場したのが『パラノーマル・アクティビティ』だ。同居しているカップルに降りかかる超常現象(パラノーマル・アクティビティ)を固定のビデオカメラで撮影したようなリアリティーで見せる。映画会社パラマウントでは『ソウ』同様、監督や脚本家を代えながら、09年から15年まで6作を作った(5作目のみハロウィーン以外の時期に公開)。

そして18年、『ハロウィン』の新作が復活した。

次のページ
40年後の続編がシリーズ最高の興行収入
エンタメ!連載記事一覧